【保存版】絶対にダイエットできる方法をご紹介します: ダイエット商品の効果を口コミ評価レビュー感想と評判



【保存版】絶対にダイエットできる方法をご紹介します

 


私は、とても慎重な性格の人間ですので、

絶対という表現は、極力、避けてきたのですが、

今回は、とても自信のある情報ですので、



ブログとメルマガで情報を配信し続けて、

おそらく初めて、

【絶対】という表現をいたします。





今回は、性別、年齢、環境の違いに影響されない、

誰でも絶対に痩せることのできる方法を

ご紹介いたします。





最近、あることに気づくことができたのですが、

最近気づいた、あることとは、



ダイエットできないと嘆いている方って、

ダイエットと言いますか、



自分が太る原因を正確に把握できていない方ばかり

であるということです。





ダイエットしているのに、

どうして太るのか分からない・・・



ダイエットしているのに、

どうして痩せないのか分からない・・・





ダイエットしているのに痩せないという方、

ダイエットしているのに太ってしまうという方は、

ダイエットの方法を間違っているのではなく、



実践しているダイエット方法が

ダイエットできないものということではなく、



自分が太ってしまう原因が

分かっていないからではないでしょうか。





ダイエットしているのに太ってしまう方、

ダイエットしているのに痩せない方に今すぐ必要なのは、



自分が太ってしまう原因を

「追及する」ということではないでしょうか。





自分が太ってしまう原因が分かりましたら、

ダイエットが、とても簡単になりますよね。





自分が太ってしまう原因を

「排除」すればいいのですから。





自分が太ってしまう原因を排除できない場合は、

自分が太ってしまう原因を

上手に利用したダイエットを考えればいいのですから。





世の中の全てに共通することだと思いますが、

何事も原因が分からなければ

対処のしようがありません。





ダイエットしているのに痩せない、

太ってしまうという方は、

痩せない、太ってしまう原因を追究することです。





「太ってしまう原因を追究することです」

と、簡単に記しましたが、



実は、太ってしまう原因を追究する方法を

分からないという方が多くいらっしゃるんですね。





お菓子やパン類を食べ過ぎて太ります、

スイーツを食べて太ります、



このように具体的に

ご自分の痩せない、太ってしまう理由を

いわれる方もいらっしゃるのですが、



お菓子やパン類、スイーツを

どれくらい食べると太るのか、



お菓子にパン類やスイーツを

ほんの少しでも食べると太るのか、

このように突き詰めて考えていただくと、



お菓子やパン類にスイーツを食べて

太るといわれていることは、

実は、根拠のない想像であったりするだけで、



本当に自分の太っている原因を

正確に把握されている方は、

実は、一人もいらっしゃいません。





ご自分の太ってしまう原因を

正確に把握するには、どうすればいいのか、

というご相談お問い合わせも多くいただきますが、



ご自分の太ってしまう原因を正確に把握するためには、

何事も実験するしかありません。





ご自分の太ってしまう原因を把握するためには

実験するしかないとは、



太ってしまう原因となっているものを

男性でしたら2週間くらい、



女性でしたら1ヶ月くらいにわたって

排除した生活を送ることです。





女性の場合、1ヶ月程度必要なのは、

女性は、生理によるホルモンバランスの変化だけで

体重の増減がありますので、



正確なデータを取るためには、

生理の1周期ごとにデータを取らなければ、

正確なデータとならないからです。





従いまして、女性の場合は

1ヶ月くらいと説明いたしましたが、



生理が30日周期の方は、

30日で考えてくだされば結構ですし、



生理の周期が不安定な方は、

生理が始まった日から次の生理が始まった日の前日まで

という考え方でよろしいのではないでしょうか。





男性でしたら2週間、女性でしたら生理の1周期、

これくらいの期間は、



太ってしまう原因と考えられるものを

徹底的に排除する生活を続けることです。





その結果、

それまで太り続けていたのに

太ることのなかった方は、



それまで痩せなかったのに

痩せることのできた方は、



排除したものが、

あなたの太る原因の一つだったといえます。





太る原因の一つを見つけることができましたら、

見つけることのできた太る原因を

排除することを継続するのか、



あるいは、

太る原因を排除することは無理なので、



上手に利用するのか

ということを考えるだけです。





参考までに、

私の太る原因だったものをお伝えしますが、

私の太る原因は、



基礎代謝量の勘違い、

摂取カロリー量オーバー、

大好きなスイーツ、



以上の3点でした。





ダイエット日記を応用したような

ダイエットを始めた頃の私は、



書店に売られていたダイエットの書籍の情報を

素直に実践していたのですが、



その情報で算出した

私の適正エネルギー量は、2,100kcalでした。





そこで、摂取カロリー量2,100kcal以下の

生活を続けたのですが、



それでも、

全く痩せることがありませんでしたので、



おかしいと疑問を感じてしまい、

インターネットで様々な情報を検索したところ、



ダイエットの書籍の情報から算出した

2,100kcalという適正エネルギー量は、

実は大きな間違いであり、



私の適正エネルギー量は1,650kcal程度であった

という事実を知ることができました。





試しに摂取カロリー量1,600kcalの生活を

1ケ月続けましたら痩せ始めることができ、



1,800kcalの生活を続けましたら、

痩せることはありませんが

太ることはなくなりました。





ダイエットの書籍の情報では、

生活活動量を35と考えましょうということでしたが、



実は、ダイエットするときには

生活活動量35といのは大きな数値であって、



ダイエットするときには、

生活活動量は25で考える必要があったという、



私の信用していた情報の間違いから生じた

私がダイエットできない原因を突き止めた訳です。





別の表現といたしましたら、

生活活動量35という情報は

私には当てはまらない数値であり、



私には、25という数値の生活活動量で考えることが

適当であったということです。






そして、生活活動量25で考えましたら、

私の適正エネルギー量は1,650kcalでしたが、



食事の内容と食事の方法によっては

1,800kcalで太ることはありませんでしたし、



生活の内容によっては、2,000kcalオーバーでも

太ることはありませんでした。





もっと詳細にお伝えしますと、

1,650kcalでしたら、どのような食事の内容でも

痩せることができましたし、



野菜など食物繊維のボリュームをとても多くして、

同時に私の大好きなスイーツを



少しだけ食べ続けましても

1,800kcalにアップしても痩せることができましたし、



食事の際にあるテクニックを使いながら

1日10分程度の筋肉を刺激することを

1週間に2回から3回ほど実践いたしましたら



2,100kcalにアップしても

太ることはありませんでした。





このように、原因を追究することで、

カロリー量というものは、痩せるためには、



あくまでも目安となるものであるというだけで、

絶対的な数値ではなく、



食べ合わせ、食べ方によっては、

摂取カロリー量が適正エネルギー量をオーバーしても

太ることはないという事実を突き止めました。





痩せたければ、

自分の太ってしまう原因を突き止めることです。





私の取り組んだ、痩せない、太ってしまう原因の

突き止め方をご紹介いたしましたが、

その他にも様々な方法があるでしょうから、



自分流の原因の突き止め方を考えだされて、

痩せない、太ってしまう原因を突き止めてください。





ダイエットに成功された方で

実感されている方が多くいらっしゃいますが、



自分の太る原因を何となく理解されている程度よりも

自分の太る原因を詳細に理解できているほうが

ダイエットの精度が高まりますし、



ある日突然、痩せなくなってしまう

ということもなくなります。





何よりも、太る原因を

しっかりと把握されていましたら、



太る原因を上手に利用したダイエットが

可能となります。





例えば、私は

スイーツやスナック菓子が大好きな人間ですが、



スイーツやスナック菓子を食べながら

様々な実験をすることで、



スイーツやスナック菓子を食べながらでも

太らなくすることに成功しています。





スイーツやスナック菓子を

どの程度食べると太ってしまうのか、



スイーツやスナック菓子を食べる時間帯によって

影響の違いはあるか、



スイーツやスナック菓子を何かと食べ合わせると

影響に違いはあるか、



スイーツやスナック菓子の種類によって

影響に違いはあるか、



このような様々な実験を繰り返すことで、

スイーツやスナック菓子を食べながらでも

順調なダイエットを継続しています。





自分の痩せない、太ってしまう原因を

しっかりと把握すること、



その原因を排除するのでしたら

排除し続ければよろしいでしょうし、



私のように、太ってしまう原因が

情報の間違いによるのでしたら

正しい情報に訂正することですし、



明らかに太る原因である

大好きなスイーツやスナック菓子を排除するのでしたら

排除した生活をされるとよろしいでしょうし、



私のように、大好きなスイーツやお菓子を

止められない意志の弱い方でしたら、



私と同様に、様々な実験を繰り返して

大好きなものを取り入れても太らない

限度、状況を把握されるとよろしいでしょう。





原因を追及して実験を繰り返すことで、

私は今では、ダイエットしている、というよりも



普通に生活しているだけで

ダイエットになっているというような、

生活習慣を利用したダイエットとなっていますので、



ダイエットしているという実感が無くても

太ることが無くなっています。





つまり、ダイエットに全く

苦しさや辛さがありません。





ダイエットとは、本来は

病気に対する食事療法であって、



私の行っているような方法は、

お医者さんなど専門家からすれば、



根拠のない、私だけの体験談であると

批評されてしまうでしょうけれども、



私は、好きなものを

我慢し続けるダイエットというものは、



どうしても継続できない

意志の弱い人間でした。





自分は意志の弱い人間であると考えると、

自分はダメな人間であると、



自分を否定してしまう辛さがありますので、

意志が弱いのは、自分に原因があるのではなく、



意志が弱いのは、人間という動物であれば

仕方のないことであると考えることで、

自分を肯定するように致しました。





その上で、意志が弱いことは、

どうしようもないことであるのだから、



意志が弱くてもダイエットできることを

考えようということから、



何ごとも原因が分からなければ

対処のしようがないという、

今回お伝えしたことに、取り組むことになりました。





ダイエットするからには、

健康を手にすべきであるから



摂取するカロリー量に気をつけながら

栄養バランスを考えた食事を中心とし、



同時に運動に励むべきである

というのが本筋でしょうから、



体の専門家からすれば、

私は、ダイエットといえないことを

実践しているかもしれませんが、



私の方法は、

意志の弱い自分と痩せたいと願う自分を

上手に折り合いをつけた方法であると、



私には最も必要なダイエットであった、

私にできるたった一つのダイエットであった

このように考えています。





どのようなダイエットをされるのかは、

ご自分の自由です。





糖尿病患者に必要なような

食事療法に取り組まれるのも自由ですし

(本来は、最も望ましいダイエットでしょう)、



運動を中心として、消費カロリー量をアップされる

ダイエットに取り組まれるのも自由ですし

(最も望ましい方法です)、



私のような方法で

ダイエットされるのも自由です。





しかし、何事も

原因を追及されることです。





原因を正確に把握することができましたら、

その対処は、とても楽なものとなります。





まずは、痩せない、太ってしまう原因を

正確に把握してください。





ダイエットの方法は、

その次に考えることができますので。





というよりも、原因を正確に把握しませんと、

成功するダイエット方法を

取り組むことができませんので、



正しいダイエットを実践しても痩せない

という残念な結果となる可能性が高くなりますし、



ダイエットの効果効率を

良くすることはできませんから。





痩せない、太ってしまう原因を正確に把握することが、

ダイエットに成功する絶対に必要な条件であり、

絶対にダイエットできるようになる方法といえます。





ダイエット情報が豊富なランキングサイト最大手
人気ブログランキングで情報を検索する
http://blog.with2.net/link.php?638680










今回は、ここまでといたします。





今回もお付き合いいただきまして

ありがとうございました。





『あなたのダイエットに役立ちたい』気持ちをこめて





応援のクリックをお願いいたします。
banner2.gif
応援のクリックが私の励みになります





 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119920785
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。