筋トレなんて必要ない【腹筋を割る】カッコいい体づくり: ダイエット商品の効果を口コミ評価レビュー感想と評判



筋トレなんて必要ない【腹筋を割る】カッコいい体づくり

 



どうしても腹筋が割れない・・・



腹筋の筋肉は結構ついているはずなのに、
どうしても腹筋を割ることができない・・・





割れた腹筋をつくるって、男の夢ですね。





腹筋を割る、
割れた腹筋をつくるためには、

どうしたらいいかと考えましたら、



ほとんどの方が考えるのは、
筋トレですよね。





腹筋を鍛える運動を毎日、100回は頑張ろう

とかいう感じで、
筋トレに励むと思います。





腹筋を割ることは、実は、
腹筋を鍛えることではないんです。





これは、私の実感であり、

腹筋を割ることのできている方の
経験に基づくものです。





割れた腹筋をつくるには、

腹筋周りの脂肪をできるだけ
少なくすることで可能となります。





腹筋周りの脂肪がペラペラになり、

腹筋周りが、
ほとんど肉と皮の状態になるだけで、

割れた腹筋をつくることができます。





そのような状態になって、
さらに腹筋を鍛えられましたら、

ますます割れた腹筋が出来上がります。





つまりは、割れた腹筋をつくる早道は、
ダイエットすることです。





腹筋周りを狙って
部分痩せといいますか、

腹筋周りの脂肪を
狙い撃ちして取り除くことです。





そうすると、もともと腹筋というものは、
その形状自体が割れているものですから、

脂肪が無くなって、筋肉の上にあるものが
皮だけの状態のように薄くなってくれましたら



割れた腹筋の筋肉の形状がクッキリと
見えるようになってくれます。





その上で、腹筋を鍛えて、腹筋の形状に
メリハリをつけることができればできるほど、

美しい、思わず触りたくなる
割れた腹筋を見せることができます。





つまりは、見せ方の問題ですね。





割れた腹筋をつくりたいけど、
思うように実現できない方は、

ウエスト周りの脂肪を除去することを徹底できる
ダイエットを頑張ってください。





ウエスト周りの脂肪のほとんどを除去できたと
仮定したうえで、次に思うのが、

もっと簡単な筋トレで
腹筋にメリハリをつけたいということでしょう。





割れた腹筋を見せるには、

腹筋の上を皮だけでほとんど脂肪がない
と表現できるような状態にすることが必要であり、



その上で、もともと割れた形状である腹筋を
メリハリのある形に鍛えることです。





腹筋を鍛える運動としてオーソドックスなのは、
下半身を固定した上半身のシフトアップ、

あるいは、逆に上半身を固定して
下半身をシフトアップするなどの

トレーニングですけれども、



それらの方法では、筋肉を鍛えることで

スポーツや格闘技など、
何かの動きに耐え続けるための、つまりは、

使うための筋肉をつくることができるのであり、



筋肉の見せ方を良くできる方法である、
とは言えません。





割れた腹筋のメリハリを良くするためには、
見せ方を良くできる方法というものがあります。





誤解を受けそうなお伝えの仕方をしていますので、
もっと詳しく説明いたしますが、

取り組まれているスポーツや格闘技などで
使うための腹筋の筋力を向上させるためには、

オーソドックスな筋トレが最も良いと考えています。





筋肉を限界近くまで使って休ませる、

そして超回復によって、筋肉線維が
多くなったり太くなったりする、

このような方法で、使う目的の応じた筋肉の強さ
というものを実現していくことができます。





スポーツの種類や内容など
腹筋などの筋肉を使う目的によって、

筋肉を回数多く動かして筋トレするのか、
少ない回数で筋トレするのかを

使い分ければいいだけの話です





ボクサーや格闘技をされている方でしたら、
打撃への衝撃に耐えるための筋肉と

スピードのある動きを持続する筋肉の両方を
実現する必要がありますので、



回数を多くして限界に挑む筋トレと、

回数を少なくして限界に挑む筋トレの
両方に取り組む必要がありますが、



スポーツをされている方でしたら、

スポーツによって、どちらかの方法に
取り組むだけで済むでしょう。





このように、酷使することに耐えることのできる
筋肉トレーニングでも、

当然ながらメリハリの利いた腹筋の形状に
作り上げることは可能です。





可能ですというよりも、実現できます。





しかし、メリハリを効いた見た目の良い
腹筋をつくるだけが目的であれば、

筋肉の底辺と上辺の凹凸がハッキリした、
見た目のカッコいい腹筋をつくるだけでしたら、



そんな苦しい筋トレをしなくても実現できます。





そして、その方法は、
筋肉の見た目を重視した方法ではありますが、

当然ながら腹筋を鍛えることになりますので、
実用的な筋肉を作り上げることもできる方法です。





さらに補足いたしますが、

何か目的があって腹筋を鍛えたいのでしたら、
目的に合った筋トレを実践すべきです。





腹筋を長時間にわたって
酷使できるように鍛えたいのでしたら

オーソドックスなシフトアップなどの方法、



腹筋を打撃などの衝撃に強くするためであれば、

腹筋に打撃を与えるなどによって
瞬間的な強度を高めることのできる筋トレ、



それぞれの目的にあった筋トレを実践すべきです。





しかし、そのことと割れた腹筋を見せることが
できるようになるのとは、別問題です。





割れた腹筋を見せるためには、
腹筋周りに脂肪があっては邪魔となり、

せっかく鍛えた腹筋を見せることはできませんから。





私は腹筋を鍛えに鍛えているし、
ウエスト周りに脂肪はほとんどないけれども、

割れた腹筋が見えないといわれる方は、

脂肪がついていないように見えて、
実は、結構な脂肪がウエスト周りにあるはずです。





無いように見えて、実はあるのが脂肪ですし、
あるように見えて、実はないのが脂肪です。





じゃあ、ウエスト周りの脂肪を取るには、
どうしたらいいの?





見え方をよくする腹筋をつくるには、
どうしたらいいの?





自分の目的は、
カッコいい割れた腹筋を見せたいだけだから、

できれば、キツイ筋トレは嫌だな・・・





従来の筋トレは辛いから長続きできないので、
もっと簡単な筋トレで腹筋を割りたい・・・





このような、カッコいい体をつくることを
目的としたいのでしたら、HSMT法の出番です。





腹筋を鍛えることと、割れた腹筋を見せることが
できるようになるのは、直接には無関係である。





割れた腹筋を見せることが目的なのであれば、
従来の筋トレとは違った、

1週間に2回から3回実践するだけで、
しかも、1回あたり10分程度実践するだけで

カッコいい体づくりをできる筋トレ法がある。





ウエスト周りの余分な脂肪を無くしたり、
ウエスト周りの余分な脂肪があっても、

それでも
カッコ良く見せることのできる方法がある。





これが、HSMT法の「肝」ですから、

そのノウハウを
私からお伝えすることはできませんが、



スポーツを上手になりたいから、
格闘技を強くなりたいから

腹筋を鍛えて
割れた腹筋をつくりたいというのであれば、



誰もが知っているオーソドックスな筋トレを
頑張って耐え抜くことです。





そして、腹筋は、
元々が割れた形状をしていますから、

割れた形状の腹筋が見えなくても、

それは、ウエスト周りに脂肪が付着していて、
割れた筋肉の形状が見えないだけであり、



従来の筋トレを実践すればするほど
筋肉は鍛えられていますので、安心してください。





従来の筋トレで、
せっかく腹筋を鍛えることができたから、

どうせなら、カッコいい割れた腹筋を見せたい
というのであれば、ウエスト周りの脂肪を



除去することに取り組んでください。





ウエスト周りの脂肪が
ある程度に除去できましたら、

鍛え抜かれたメリハリのあるカッコいい

割れた腹筋が、
くっきりと見えるようになります。





太ってもいない、
腹筋を鍛えてもいないけど、

割れた腹筋を見せたいという方は、



従来の筋トレをされましたら、
それだけで

割れた腹筋を
見せることができるようになりますし、



HSMT法で筋トレされましたら、

もっと楽に素早くカッコいい体を
手にすることができるでしょう。





太っているし、従来の腹筋運動は
辛いしキツイから嫌だという方は、

HSMT法に取り組まれましたら、



私のお伝えしている、

鍛えることと見せ方の違いに
気づくことができますから、



効率良く、割れた腹筋を見せる方法に
近づくことができるでしょう。





今回は、
腹筋を例にお伝えいたしましたが、

これは、全ての体の部位にも
共通することです。





カッコ良く見せたいのであれば、
カッコ良く見せる方法というものがあります。





それは、鍛えることとは無関係であり、
見せ方の問題です。





カッコいい体を見せたいのであれば、
カッコいい体を見せる方法に取り組むことです。





ダイエット情報が豊富なランキングサイト最大手
人気ブログランキングで情報を検索する
http://blog.with2.net/link.php?638680










今回は、ここまでといたします。





今回もお付き合いいただきまして

ありがとうございました。





『あなたのダイエットに役立ちたい』気持ちをこめて





応援のクリックをお願いいたします。
banner2.gif
応援のクリックが私の励みになります





 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120879506
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。