食べる時間帯を工夫すること【結局は無駄ですよ】: ダイエット商品の効果を口コミ評価レビュー感想と評判



食べる時間帯を工夫すること【結局は無駄ですよ】

 


なんか、凄く反響があって
ビックリしています・・・





やっぱり、痩せたいと
切実な方が多いということでしょうし、

少しでも効果の良い方法を
探している方が多いということでしょうし、



効率よくダイエットしたいという方が
多いということでしょう。





今回は、連日のように
お伝えしてきました

食べる時間帯によって
太らない、太りにくいということを



引っ繰り返すようなことを
お伝えいたします。





引っ繰り返すといいますか、

私、そして私と情報交換くださる方たちが
体験した上での注意点という

表現の方が適切でしょうか。





◆メインを変える





同じ食事をしても、食べる時間帯によって
太らなかったり、太りにくくなるのであれば、

誰もが、食べる時間帯を
気にされますよね。





でも、ほとんどと言えるくらいの
多くの方が、

やっぱり、
夕食重視なのではないでしょうか。





どうしても、夕食重視と
なってしまうのではないでしょうか。





1日の仕事や学校が終わって、
最もリラックスできる時間が

家に帰ってからですから、



夕食はリラックスして食べたい
と思うのが当たり前でしょう。





朝食は出かける前ですから、

どうしても短時間で
切り上げたくなるでしょうし、



起床してからすぐには、
モリモリ食べれない

という方も多いでしょうし。





昼食は、仕事中だったり
勉強中でしょうから、

短時間で済ませたかったり、



費用の問題で

満足のいく食事にならなかったり
という方が多いでしょうし。





どうしても、
夕食メインになってしまうでしょうね。





お菓子やスイーツなど
嗜好食品を食べる時間帯も同様ですね。





昼食後すぐに食べたり、
15時のおやつに食べたりすると

太りにくくなると分かっていましても、



仕事や勉強の都合で、

昼食後のデザートや15時のおやつとして
嗜好食品を思うように

食べることのできない方が
多いことでしょう。





だから、どうしても、
夕食後に嗜好食品を食べてしまう。





と、考えましたら、

昼食をメインの食事として考えて
昼食を重視できる方、

夕食は体に負担とならないような
食事を実現できる方は、



ダイエットに有利な方と言えますね。





お菓子やケーキを食べたいから、
お菓子やケーキを食べても太りたくないから、

嗜好食品を昼食後や15時のおやつとして
食べることのできる方は、



ダイエットに有利な方と言えますね。





昼食メインとできる方、

昼食後や15時のおやつに
嗜好食品を食べることのできる方は、

おめでとうございます。





あなたは、誰よりも
ダイエットに有利ですし、

効果効率のいいダイエットを
実践できることでしょう。















と思ったら、大間違いなんですよ!










残念ですが・・・










えっ! どうして!?



と、思われるでしょうね(笑










これからお伝えすることを

私と情報交換くださって
ダイエットに成功し続けている方が

ご覧になられましたら、



「暴露し過ぎ」
って苦笑いされるかもしれませんが、

構わずに暴露しちゃいます。





みんなで一生懸命に
見つけ出した方法ではありますが、

私が好きなときに私の自由に扱える
ということとなっていますので。





それに、私の今までの記事を
ご覧になられて、

良い情報をもらったと喜ばれ、

さっそく、食べる時間帯に
気をつけようとされる方たちが、



そのままでは、
無駄な努力に終わってしまうことが、

とても可哀そうですから。





◆それでは、引っ繰り返しましょう





確かに、私たちの経験と実績では
食べる時間帯を変えるだけで

太らなくなったり
太りにくくなったりしています。





人によっては、
昼食メインにしただけで

嗜好食品を食べるタイミングを

昼食後のデザートや15時のおやつに
変えただけで、



痩せるようになった方も
いらっしゃいます。





しかし、悲しいかな、
いつまでも続かないんですよ・・・





太らなくなるということ、
太りにくくなるということが・・・





とても気になる方は、

昼食メインの食事を
半年くらい継続してください。





きっと、初めの数ヶ月は、

太らなくなったり、
太りにくくなることでしょう。





でも、その後の数ヶ月には、



なんか・・・



太ってきたかも・・・



と実感されてしまうでしょう。





それでも、夕食メインの
食事としているときよりは、

太るようになったという実感は
まだ、少ないとは思います。





その点で考えましたら、
昼食メインにする価値はあるでしょう。





でも、昼食メインに切り替えた当初は、
太らなくなったと明らかに実感できますが、

数ヶ月と、しばらく経ちましたら、

それほどの効果を
感じなくなってしまうんですね。





嗜好食品を食べるタイミングについても
同様です。





昼食後や15時のおやつとして
嗜好食品を食べるように変わりましたら、

太らなくなった、太りにくくなったという
効果をすぐに実感できて

大喜びされることでしょう。





でも、数ヶ月経ちましたら、



最近、太ってきたかも・・・



と、変わってしまいますから。





なぜなんでしょうね・・・





人間の体って、実に不思議です。





◆筋トレを例に解説





私たちは、このような状況を
体が慣れてしまうからと考えていますが、

同じような経験をされたことのある方で

正確な答えをご存じの方は
いらっしゃいませんでしょうか。





これからお伝えすることは、
私たちの考えへの解説ですが、



筋トレでムキムキの体を
つくろうとされている方でしたら

ご自分の体験や知識により
ご理解いただけるかもしれませんが、



体が慣れると
筋トレ効果が薄れてしまいますから

それまでよりも
負荷を強くする必要がありますよね。





筋トレで確実に
筋肉ムキムキにするためには、

最大限の負荷でのトレーニング
筋肉に栄養を与えるという休息
筋肉を休ませるという超回復



これらの3つを
繰り返すことが必要ですよね。





私は、筋トレについては
知識を持っていますが

筋肉ムキムキに興味が無いので
筋トレはそれほど実践していませんので、

体験という重要な要素が抜けていますから



正しいニュアンスでお伝えできているのか
ちょっと自信がありませんが、

お伝えしている内容は
間違っていないはずです。





この3つを知らない方は、
やみくもに筋トレされてしまいますから、



どうして筋肉モリモリにならないんだろう・・・



って、悩んでしまうんですね。





筋肉について知識のある方でしたら、

筋トレの効果が悪くなってきた
と感じましたら、

今までよりも
負荷を強くされますよね。





今までは10回もできなかったトレーニングを
10回以上できるようになったら、

筋トレ無知な方は、

筋肉がついたと大喜びで
10回も20回も実践されますが、



筋トレ知識豊富な方は、

今までは10回もできなかったトレーニングを
10回できるようになったら、

すぐに負荷をアップして、



再び、10回も繰り返すことのできないような
トレーニングに変えられます。





慣れたら回数を増やすのではなく、
慣れたら負荷を上げて強度を増す、

これが筋トレの正解ですよね。





最大限の負荷で
トレーニングをしませんと

筋肉が強くなりませんし、
筋肉が太くなりませんし、

筋肉量が増えませんから。





これを分かっていないから、

軽い負荷や最大限に足りない負荷の
トレーニングを何百回も繰り返して、



こんなに頑張っているのに筋トレの効果が無い・・・

って悩んでしまうんですね。





最大限の負荷でトレーニングする





最大限の負荷に慣れて、

最大限の負荷でのトレーニングを
楽に実践できるようになったら、

今までよりもさらに負荷を強くする、





絶えず、最大限の負荷で
トレーニングすることが、

筋肉モリモリを効率よく実現できる
唯一の方法ですよね。





これと同じことが、

昼食メインの食事、
昼食後のデザートや15時のおやにも

言えるのではないかと
考えているのですが、いかがでしょうか。





昼食をメインの食事とする、
嗜好食品は昼食後か15時のおやつとする、

こんな変化に、

体の規則正しいリズムへの変化であると
体が歓迎してくれる、



今までの悪い食事が改善されたから
体が大歓迎してくれる、



だから、最大限の効果と言える

太らなくなる、太りにくくなるという効果が
すぐに発揮されると考えています。





しかし、筋トレについて
ダラダラと説明いたしましたように、

体は、慣れてしまうと
求める効果が半減してしまうようです。





12時頃から夕方までは
エネルギーを消費されやすいから、

昼食に摂取したエネルギーは消費されやすい、



このような働きを狙った
良いアイディアであった取り組みも、

体が慣れてしまいましたら、



別の刺激を与えることが
必要となるようです。





というわけで、
昼食メインとできる方、

嗜好食品を食べるタイミングを

昼食後や15時のおやつと
切り替えることのできる方も、



残念ですが、

いつまでも効果が良い状態が
続くのではありません。










残念ですね(笑





笑ってはダメですね(爆笑










でも、大丈夫ですよ。



簡単な解決法がありますから。






◆解決方法





それを私がお伝えいたしますと、

正しくお伝えできるのか
少し不安がありますし、



私がお伝えするよりも

上手に教えてくださる先生が
いらっしゃいますので、

先生をご紹介させていただきます。





先生は、こちらです。
↓↓↓

Love and Joyダイエット 評価レビュー
http://dietnoinfo.seesaa.net/article/120625009.html





Love and Joyダイエットを購入しなさい
ということではありませんよ。





Love and Joyダイエットの
販売サイトに書かれていることを

じっくり読んでください
という意味です。





どんどんスクロールして読んではダメです。






ゆっくり、何度も、





■じ■っ■く■り■



◆じ◆っ◆く◆り◆





じ   っ   く   り





です。





そのために、Love and Joyダイエットの
私の評価レビューページから

Love and Joyダイエットの
販売サイトに進んでください。





そして、
販売サイトに書かれていることを、

じっくりと理解してください。





評価レビューページから
販売サイトへ進むのが面倒な方は、

最短ルートをご用意いたしました。
↓↓↓

Love and Joyダイエットの販売サイト
http://dietnoinfo.zz.tc/loveandjoy





◆販売サイトの内容を理解する





Love and Joyダイエットの販売サイトには、

とても有益で
とても素晴らしいことが書かれています。





これを見るだけでも、
ダイエットに良いヒントをいただけるんですね。





その良いヒントを実現するためには、
当然のことながら

Love and Joyダイエットで
ダイエットする必要がありますが。





でも、どうして、私は痩せないんだろう、
どうして太るのだろう、

時間帯によって何が違うのだろう、



このような苦しみや悩みに
気づくことができるということは、



このような悩みを
解決する方法がどこにあるのか、

どのように入手できるのかを
分かることができるということは、



Love and Joyダイエットの販売サイトを
ご覧になることで可能となります。





最近のダイエットの効果が悪くなってきた・・・
と感じている方も、

Love and Joyダイエットの
販売サイトに書かれていることを読まれると、

とても良いヒントをいただけます。





ダイエットへの苦しみや悩みを
解決するためには、

Love and Joyダイエットを購入されて

Love and Joyダイエットで
ダイエットを実践するしかありませんが、



苦しみや悩みとなってしまう要因、
苦しみや悩みを解決するために必要なこと、



こんなことは、

Love and Joyダイエットの
販売サイトを読むだけで



簡単に理解できてしまいます。





苦しみや悩みを
解決することができなくても、

苦しみや悩みと
なってしまうことの要因や

解決するために
必要なことに気づくだけでも、



随分と楽になるものです。





ダイエットに苦しんでいる方、
悩んでいる方は、

今すぐLove and Joyダイエットの
販売サイトをご覧になられて



一刻も早く楽になってくださいね。





Love and Joyダイエット 評価レビュー
http://dietnoinfo.seesaa.net/article/120625009.html





お急ぎの方は、
Love and Joyダイエットの販売サイト
http://dietnoinfo.zz.tc/loveandjoy





ダイエット情報が豊富なランキングサイト最大手
人気ブログランキングで情報を検索する
http://blog.with2.net/link.php?638680










今回は、ここまでといたします。





今回もお付き合いいただきまして

ありがとうございました。





『あなたのダイエットに役立ちたい』気持ちをこめて





応援のクリックをお願いいたします。
banner2.gif
応援のクリックが私の励みになります





 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。