ダイエット情報>低炭水化物ダイエット: ダイエット商品の効果を口コミ評価レビュー感想と評判

ダイエット商品の効果を口コミ評価レビュー感想と評判 > ダイエット情報>低炭水化物ダイエット

ダイエット情報>低炭水化物ダイエット の記事一覧


スムース【炭水化物の対処で】

 


どうしても思うように
体重が落ちなくて困っています・・・





このようなご相談お問い合わせをくださる方たちに
抜群な効果を発揮するのが、



炭水化物を食べる量を減らしましょう
というアドバイスです。





◆炭水化物量を減らす理由





炭水化物を食べる量を減らす





分かる方は
分かるでしょうけれども、

炭水化物は
水分を抱え込みやすいものです。





だから、
炭水化物量を抑えますと、

摂取された水分は

体内に留まりにくくなり、
排出されやすくなります。





水分が排出されやすくなるということは、
体にとって、メリットだらけなんですね。





体内循環がよくなるので、

老廃物を排出しやすくなる
むくみが改善されやすくなる

体温調節がよくなる
便通を改善してくれる



数え上げたらきりがないくらいの
メリットがあります。





◆炭水化物を減らす不安





炭水化物を抑えると

栄養バランスが悪くなるのではないか
と心配される方がいらっしゃいますが、

そんな心配は不要です。





現代の日本という世界は、
炭水化物の食品が溢れていますので、

無意識のうちに
炭水化物を摂取している状態ですから。





炭水化物を食べる量を抑える、
全く炭水化物を食べないように努める、

これくらいの意識を持たれても
十分なくらいです。





炭水化物の食品で思いつくのは、

ごはん
ジャガイモ

多くの方が頻繁に食べるものとしては、
このようなものが挙げられますが、



その他にも
スナック菓子なども該当します。





ご飯が好きだから、
必ずご飯をおかわりして、2杯飯は当たり前

ご飯を少なくするために、
いもを多く食べる

お菓子が大好きだから、
毎日のように大量にお菓子を食べる





炭水化物を
食べ過ぎていると自覚しないで、

実は、炭水化物を大量に食べている方が
多くいらっしゃいます。





そして、
炭水化物を摂取する量に気をつけるだけで、

たった、それだけのことで、

スムースに体重が減少するようになったと
喜ばれる方が多くいらっしゃいます。





ご自分の食生活を冷静に見つめてください。





炭水化物を大量に摂取していませんか?





水を飲む量に気をつけることも重要ですが、

炭水化物の摂取量に気をつけることが、
ダイエットへの早道ですよ。





ダイエット情報が豊富なランキングサイト最大手
人気ブログランキングで情報を検索する
http://blog.with2.net/link.php?638680





ご相談をお待ちしています。
遠慮しないで、どんどんご相談ください。
http://my.formman.com/form/pc/YgMKsSO4l2v5E6oI/










今回は、ここまでといたします。





今回もお付き合いいただきまして
ありがとうございました。





『あなたのダイエットに役立ちたい』気持ちをこめて





応援のクリックをお願いいたします
人気ブログランキングへ
応援のクリックが私の励みになります



 

低炭水化物ダイエット<方法と注意点>

 


人気ブログランキングへ参加いたしました。
応援のクリックをお願いいたします。
banner2.gif








低炭水化物ダイエットへの

ご相談お問い合わせをいただいた回答を

皆さまへもお伝えいたします。





低炭水化物ダイエットは、

私が最も避けて通りたいダイエット方法です。





なぜならば、

低炭水化物ダイエットは、

とても難しいダイエット方法だからです。





できれば、

低炭水化物ダイエットに関するご相談お問い合わせも

受け付けたくないくらいでした。





低炭水化物ダイエットですが、

非常に乱暴な表現をいたしましたら、



糖尿病の方が痩せていく原理と

同じ方法を実践するということです。





食事で炭水化物を摂取されて血糖値が上がると、

体内物質インスリンの働きにより

血糖がグリコーゲンに変えられて筋肉などに蓄えられますが、



筋肉に蓄える場所が満杯になりましたら

脂肪細胞に蓄えられて血糖値が下がります。





炭水化物をほとんど摂取しないようにしますと

血糖というエネルギーが無い状態となりますので

インスリンがつくられない状態となります。





インスリンがつくられない状態となりましたら

エネルギーを蓄えることがなくなりますので、



生命を維持する必要のために

体内に蓄えている脂肪というエネルギー使用します。





低炭水化物ダイエットは、

この原理によるダイエット方法です。





低炭水化物ダイエットは、

いきなりダイエットによる減量を開始するのではなく、



導入期間、減量期間、離脱期間と

必ず分ける必要があります。





導入期間を設けて

脂肪が分解されやすくなるようにする必要がありますし、



離脱期間を設けて

少しずつ炭水化物を摂取する量を増やして元の状態に戻し



健康を害さないように

リバウンドしないようにするためです。





難しい表現をしましたが、

低炭水化物ダイエットを簡単に説明いたしましたら、



脂肪を体に蓄える働きをする

「インスリン」をなるべく分泌させないで



減量するために

炭水化物を抑えた食事によるダイエット方法と

考えていただければよろしいでしょう。





低炭水化物ダイエットへの注意点ですが、

低炭水化物ダイエットについて興味のあるほとんどの方が、



低炭水化物ダイエットは

「ご飯を食べないダイエット」と誤解されていることです。





日本人は、

炭水化物=ご飯というイメージがありますので。





強調しておきますが、

低炭水化物ダイエットは、



ご飯を食べないダイエットではありませんし、

炭水化物の多く含まれる食品を食べないという

ダイエット方法ではありません。





低炭水化物ダイエットは、

糖質を抑えて高タンパク質中心の食生活を続けて



脂質を分解するために必要な栄養を多く摂取する

という方法です。





低炭水化物ダイエットでダイエットに成功するためには、

導入段階を設けて

糖質量を制限して脂肪をエネルギーに変える期間を設ける、



減量段階を設けて

糖質を加減しながらダイエットを継続する、



離脱期間を設けて

糖質の量を徐々に戻していく



このような目的を持った区分の期間を設けて

正しく実践する必要があります。





それぞれの期間の際には、

食べても良い食品と量、NGとなる食品というものが

明確に決まっていますので、



それぞれの期間ごとに

正しく実践する必要があります。





それぞれの期間で必要なのは

糖質を制限することですが、



糖質とは何かということを

正しく理解する必要があります。





私の申している糖質とは、

ダイエットを必要である、太っている状態の方が

太った原因となっている糖質のことです。





ご飯が大好きでご飯をたくさん食べてしまっている方は、

ご飯に含まれる糖質が原因で太っているのでしょうか。





ご飯が大好きでご飯をたくさん食べてしまっている方は、

必ずといっていいくらい



他の炭水化物がたくさん含まれる食品も

たくさん食べているはずです。





うどん、パスタ、ピザ、パン、

ケーキ、お菓子、ジュース、果物・・・



例示しました全ての食品に

たくさんの炭水化物が含まれていますので、

ご飯だけ食べなければ痩せるというわけではありません。





低炭水化物ダイエットを語る際に、

ご飯やパンは食物繊維をたくさん含む複合糖質、

いわゆる「でんぷん」であるので



ご飯やパンなど食物繊維をたくさん含む複合糖質は

血糖値を急激に上げることはなく、



よく噛むことでゆっくり吸収されて

脂肪として蓄積されにくい糖質であると

主張される方もいらっしゃいます。





低炭水化物ダイエットは、

元々はアメリカで提唱されたダイエット方法であるので、



食生活が違い、腸の長さが違うなど身体特徴も異なる

日本人には適さないダイエット方法であると

主張される方もいらっしゃいます。





私の周りの医師と管理栄養士は、

低炭水化物ダイエットの実践方法の難しさから、

低炭水化物ダイエットの否定派ばかりです。





私の感じているのは、

低炭水化物ダイエットは、



理論としては正しいダイエット方法であることは

間違いありませんが、



問題なのは、

低炭水化物ダイエットの実践方法を良く知らないで



安易な知識で

低炭水化物ダイエットを実践されることです。





炭水化物がたくさん含まれている食品は

ご飯だけではありませんので、



ご飯を抜くだけでは

ダイエット効果があるとは思えません。





低炭水化物ダイエットは、

導入期間、減量期間、離脱期間を正しく実践されませんと

健康を害する恐れがあります。





今回は、

個人的な意見を明確に主張させていただきますが、



私は、

低炭水化物ダイエットをお勧めできません。





低炭水化物ダイエットは、

糖尿病の方など何らかの病気の方が

実践されるダイエット方法であって、



低炭水化物ダイエットを実践される際は、

専門家の指導を受けながら

実践される必要があると認識してください。





低炭水化物ダイエットは、

それほど難しいダイエット方法であり、



低炭水化物ダイエットの実践方法を間違えますと

健康面など取り返しのつかなくなる可能性の高い

ダイエット方法です。










今回は、ここまでといたします。





今回もお付き合いいただきまして

ありがとうございました。



『あなたのダイエットに役立ちたい』気持ちをこめて





▼正しいダイエット知識が分かる今だけ無料のダウンロード著書

ダイエットアドバイザー村本エリカさんの今だけ無料ダウンロード著書
http://123direct.info/tracking/af/100487/XbGEUfvP/



▼正しいダイエット知識と

楽で楽しい簡単で確実なダイエット実践方法の基本方法が分かる

バタフライフプログラム レビュー
http://dietnoinfo.seesaa.net/article/89655580.html



▼テキストは苦手、映像でダイエットしたい方、女性に超イチオシ

スポーツジムでも教えてくれないダイエット成功法プログラムレビュー
http://dietnoinfo.seesaa.net/article/107833764.html



▼楽に簡単に確実に筋トレしたい方にイチオシ

HSMT法 レビュー
http://dietnoinfo.seesaa.net/article/108010231.html



▼簡単に確実にシェイプアップしたい方にイチオシ

コンプリート筋トレプロジェクト レビュー
http://dietnoinfo.seesaa.net/article/105842335.html



▼簡単に確実に下半身サイズダウンできるNo,1

脚痩せるんるん♪1日7秒 美脚の創り方 レビュー
http://dietnoinfo.seesaa.net/article/104172018.html



▼簡単に確実にウエストサイズダウンできるNo,1

【部分痩せダイエット】腹ペタ!セブン!腹痩せダイエットレビュー
http://dietnoinfo.seesaa.net/article/97440346.html



▼簡単に確実にバストアップできるNo,1

最低2カップアップする裏技バストアップ術 レビュー
http://dietnoinfo.seesaa.net/article/106203712.html





応援のクリックをお願いいたします。
banner2.gif
皆さまの応援1クリックが私の励みになります










 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。