ダイエット情報>ケーキ、菓子、スイーツ: ダイエット商品の効果を口コミ評価レビュー感想と評判

ダイエット商品の効果を口コミ評価レビュー感想と評判 > ダイエット情報>ケーキ、菓子、スイーツ


もっとたくさん食べれる【好きなものを食べてダイエット】

 


好きなものを食べてダイエットする
好きなもの派のダイエットですが、

とても重要なことを忘れていました。





好きなものを食べてダイエットする
好きなもの派のダイエットは、

高エネルギーな食べ物を我慢して
ダイエットすることは無理であるから、

高エネルギーで好きな食べ物を
食べ続けながらダイエットするという方法ですが、



エネルギー摂取量を1日の適正エネルギー量と
同程度とすることが基本であることから

好きな食べ物を食べることのできる量は
中途半端と感じてしまうわずかな量であるので、



中途半端と感じるわずかな量という

ガッカリしたような騙されたような精神状態が
続いてしまうことで、



徐々に苦痛や我慢という感情が続き、

やがては苦痛や我慢が多大となって
耐えきれなくなってしまい

ダイエットに挫折してしまう。





そうならないための対処として

好きなものを食べてダイエットする際の
成功した具体例をお伝えいたしました。





その際に、今回お伝えすることの
大いにヒントになることを記しています。





◆もっと多く





今回お伝えしたいのは、
食事と生活の両面での工夫によって、

好きなものを食べる量を多くすることが
可能であるということです。





例えば、1日の適正エネルギー量と
同程度となるエネルギー摂取量を

仮定の数値として、1600kcalといたします。





当たり前のことですが、
1日の適正エネルギー量が1600kcalであれば、

エネルギー摂取量が
1600kcalを上回り続けましたら、

太ってしまいます。





しかし、今回お伝えするのは、

1日の適正エネルギー量が
1600kcalと仮定した場合、



エネルギー摂取量が
1600kcalを上回り続けても

太らない方法です。





人によってですが、

400kcalも上回る状態を続けられましても
太ることはありません。





現在、取り組まれている方の
ほとんどの方が、

200kcalから300kcal程度上回り続けても
太っていませんので、



エネルギー摂取量が1日の適正エネルギー量を
上回り続けても太ることが無いというは、

どうやら間違いありません。





◆実際





実に不思議です。





毎日200kcalから300kcalも
上回り続けていましたら、

理論上ですが、
1ヶ月で1kg以上は太ってしまいます。





理論上の話ではなく
今までの経験に置き換えますと、

摂取エネルギー量が1日の適正エネルギー量を
200kcalも300kcalも上回る生活を続けますと、

初めの数ヶ月は
体重に変動はありませんけれども、



エネルギー量が上回り続けることに
何とか頑張って対抗していたけれども、

とうとう、
体が耐えきれなくなるのでしょうか、



数ヵ月後に突然のように
体重が増加するようになってしまいます。





しかし、私たちの取り組みでしたら
長期間にわたって

エネルギー摂取量が1日の適正エネルギー量を
200kcalも300kcalも上回り続けても

太ることはありませんでした。






まだ、26名ほどのデータですが、

26名の方が意識して取り組まれて
26名全員が太ることはありませんので、



大いに期待できる実績
と言えるのではないでしょうか。





◆涙が出る





ちょっと確認いたしますが、

200kcalから300kcalという数値を
大きい数値と考えますか?





それとも、
大したことはないと考えますか?





エネルギー量計算を
シビアにするダイエットを実践された方でしたら

実感されるでしょうけれども、



毎日のように200kcalも300kcalも
余計に食べることができるというのは、

感激して涙が出るくらいに
嬉しい状況と言えます。





従いまして、エネルギー摂取量を
1日のエネルギー量程度とする

そのようなダイエットを
シビアに実践された経験のある方にとっては、

毎日のように200kcalも300kcalも
余計に食べることができる方法というのは、



地獄のような苦痛なダイエットから

天国のような快適なダイエットへと
激変させることができてしまいます。





いまいち理解できない方は、
実際に体験していただくと

とても実感できるでしょうから、



1ヶ月で結構ですから、

エネルギー摂取量を1日の適正エネルギー量と
同程度となる食事を続けてみてください。





きっと、その辛さを理解できるでしょうし、

そんなダイエットなんか絶対に嫌だと
実感されることでしょう。




大好きな食べ物を食べることのできる量が
ほんの僅かしかないと感じてしまうくらいに、

食べることができると言っても、
そんな、ほんの少しの量では

食べないことと変わらないと
嘆いてしまうくらいに



今まで食べていた量との
ギャップの凄さから、

挫折される方が続出するのは
私たちは、既に体験済みですので。





もし、鉄のような強い意志を貫き通して
実践し続けることができたとしましても、

目標体重近くまで実現でき、
あるいは目標体重を実現できて、

ホッと気が抜けてしまいますと、



もう一度、そのような辛いダイエットを
実践しようという気持ちには

決してなりませんから。





◆僅かな差であるけれども





ところが、そのような状況で

200kcalも300kcalも毎日のように
多く食べることができるとなりましたら、

苦しみから解放されるように感じるくらい
状況を激変させることとなりますので、



今まで
辛い、苦痛と感じ続けていました

エネルギー摂取量を1日の適正エネルギー量と
同程度とするダイエットが、

ある程度は、いえ、
かなり楽に変わってくれます。





エネルギー摂取量が
200kcalも300kcalも変わるということは、

ダイエットしている方にとっては、

食べることのできる量が
もの凄くと感じてしまうくらい増えることとなり、



辛くて苦しいという感情が
とても和らぐ要素となります。





さて、肝心の

長期間にわたってエネルギー摂取量が
1日の適正エネルギー量を上回り続けても

太ることのない状況を確認できた、
26名の方が成功し続けている方法ですが、



情報の続きは、ブログ内の

生活習慣で太らなくなった方法
【特典対象者様への限定情報】

でお伝えすることといたします。





今回の情報は、
前回の記事が、大いにヒントになります。





それだけで可能となるのではなく、
「あること」と「あること」も必要ですし、

場合によっては、
もうひとつ加えることが必要ですけれど。





◆「あること」と「あること」





しかし、「あること」と「あること」は
生活の中で必須なことであり、

何か特別な対処を必要とすることではなく、

ほんの少しの意識づけによって
可能となることです。





しかし、
その重要性に気づいていない方が多いから、

1日の適正エネルギー量が1600kcalであれば
適正エネルギー摂取量も1600kcalという



額面通りのエネルギー摂取量までしか
食べることができないという

損している状態となっていると言えます。





生活習慣で太らなくなった方法
【特典対象者様への限定情報】を

ご覧いただくためのIDとPWをお持ちの方は、

生活習慣で太らなくなった方法
【特典対象者様への限定情報】

の記事をご覧いただき、



ダイエットを楽にできる知識を
また一つ増やしていただき、

ダイエットを益々楽にしていただきながら、

それでも、もっともっと
ダイエットを確実なものと変えてください。





今回の情報で、益々、

ダイエットがとても楽になって
もっと確実になってくれるでしょう。





ダイエット情報が豊富なランキングサイト最大手
人気ブログランキングで情報を検索する
http://blog.with2.net/link.php?638680










今回は、ここまでといたします。





今回もお付き合いいただきまして

ありがとうございました。





『あなたのダイエットに役立ちたい』気持ちをこめて





応援のクリックをお願いいたします。
banner2.gif
応援のクリックが私の励みになります





 

お菓子を食べても痩せたい方は必見【夕食から寝るまで】

 


お菓子やスイーツなど
嗜好食品を食べるタイミングが違うだけで

太ったり、太らなかったりという
私たちの実績についてお伝えいたしましたが、

参考になりましたでしょうか。





15時という時間は【痩せやすい太りにくい時間?】
http://dietnoinfo.seesaa.net/article/123126121.html





食べるタイミングが違うだけで、
そんなに効果に差があるの・・・



という驚きのメッセージを
たくさんいただきましたので、

皆様の参考になっていただけたのではないかと、
密かに期待しています。





ところが、

やっぱり、
夕食以降にお菓子を食べると太るんだ・・・



夕食以降にお菓子を食べても
太らなくなる方法を教えてください・・・





というメッセージも
多くいただきました。





私の読み通り、
夕食以降に嗜好食品を食べたいけれども、

夕食以降でないと嗜好食品を
ゆっくり食べる時間が無いという方が、

とても多くいらっしゃるようです。





今回は、夕食以降に
お菓子やスイーツなど嗜好食品を食べても

太らなくなった、私たちの実績による
取り組みをご紹介いたします。





◆困惑





前回の記事でお伝えいたしましたが、

夕食を食べて
すぐに嗜好食品を食べる場合と、

夕食を食べてから

しばらく経ってというタイミングで
嗜好食品を食べる場合とでは、



太ってしまった実績に
それほどの違いはありませんでした。





やはり、生活活動により

体が活発に活動している時間帯に
嗜好食品を摂取するなど

エネルギー摂取量が過ぎた状態であっても、
エネルギーが大量に消費される状況と、



就寝前という夕食以降は
エネルギーが少ししか消費されない

このような状況によって差が出る
ということなのでしょうか。





あるいは、消化させる時間帯、
消費させる時間帯など、

時間による体のサイクルという
リズムによる違いによるものなのでしょうか。





これらにつきましては、専門家によって
様々な解説が飛び交っていますが、

一体どの情報が本当なんだよ(困

というような
両極端な情報が存在するような状況ですし、



お菓子やスイーツを食べながら

ダイエットできるという触れ込みの
ダイエット方法が既に存在しますが、



その方法の蓋を開けてみれば、

嗜好食品を食べながら
ダイエットできるといいながら、

食べることのできる量は、
ほんのちょっとじゃないか(怒



という、騙されたような
情けないダイエット方法ばかりですから、



納得できるようなものは一つもなく、
何を信じればいいのか困惑するばかり

というのが実情です。





◆自分で





という状況であれば、
自分の身は自分で守るしかない

というのが私の考えです。





だったら、自分たちで

嗜好食品を食べることで
ダイエットできるようになるには

という体験に基づく実験を繰り返すことで、



嗜好食品を食べても痩せる
とまでは無理ですが、



嗜好食品を食べ続けても

太りにくくなる状況や方法
というものを見つけることは、

既にできています。





その中でも、

夕食以降に嗜好食品を食べ続けても
太りにくくなる方法は、

既にお伝えした方たちに
多大な好評をいただいています。





夕食以降に嗜好食品を食べ続けても
太りにくくなる方法は、

初めの頃は、数名の体験に基づく
実績でしかありませんでしたが、



今では、
実践者様は数十名単位にまで増え、

その成功確率は80%を超えていますので、



誰でも高い確率で

夕食以降に嗜好食品を食べ続けても
太りにくくなる方法であるといえる

と自負しています。





◆勘違い





勘違いしてほしくないので
もう一度お伝えいたしますが、

私たちの取り組んでいる方法は、

夕食以降に嗜好食品を食べ続けても
太りにくくなった方法ですので、



痩せることのできる方法ではありません。





もちろん、人によっては、
痩せることができるでしょう。





現実、嗜好食品を食べ続けても
太りにくくなる方法を取り組みながら

夕食以降に嗜好食品を食べ続けている方で、

太ることが無くなり、



ちょっとした工夫で
痩せるようになっている方も

いらっしゃいますので。





しかし、あくまでも
嗜好食品を食べても太りにくくなる方法であり、

その方法を活用されて、結果的に

夕食以降に嗜好食品を食べても
太りにくくなっている方法である

と受け止めてください。





嗜好食品を食べても
太りにくくなる方法であり、

その方法を活用されて

夕食以降に嗜好食品を食べても
太りにくくなっている方法は、

こちらをご覧ください。
↓↓↓

生活習慣で太らなくなった方法
(特典対象者様への限定情報)
http://dietnoinfo.seesaa.net/category/6587487-1.html





◆80%の実績





嗜好食品を食べても
太りにくくなる方法であり、

その方法を活用されて

夕食以降に嗜好食品を食べても
太りにくくなっている不法である

生活習慣で太らなくなった方法は、



現在では、
100名を超える方が実践されて、

90%以上の方が成功されているという
高い実績を発揮できていますし、



夕食以降に嗜好食品を食べても
太りにくくなっている方も多く、

やはり80%以上の成功率という
高い実績を発揮しています。





これらの方法は、特別な時間と費用を
必要とするような方法ではありませんし、

苦痛や我慢を強いられるような
方法でもありません。





日常生活の中で少しだけ工夫したり、

少しだけ手間をかけていただくだけで
済む方法であり、



特別に我慢と感じるような
苦痛となるような方法ではありません。





これは、実践された全員と言えるくらいの
多くの方が評価してくださっています。





ダイエットでも何でもですが、

長い期間にわたって継続して
実践できる方法というのが

私のコンセプトですから、



長期間継続するためには、

特別な時間や費用が必要となったり
我慢や苦痛を感じては、

絶対に無理ですから。





しかし、何度もお断りしておきますが、
生活習慣で太らなくなった方法は、あくまでも、

太らなくなった方法であり、
太りにくくなった方法であり、



痩せる方法ではなく、
ダイエットに成功する方法でもありません。





私からすれば、
太らなくなるということは、

ある意味のダイエットに成功した
といえると考えているのですが、



現状が太っている方は

体脂肪率と体重を減少させるという
痩せるということを実現したいのでしょうから、



痩せたい方は、

生活習慣で太らなくなった方法を
実践されるだけでは、

残念ですが、
痩せることはできないでしょう。





しかし、ちょっと
考えていただきたいのですが、

今まで、夕食以降に嗜好食品を食べられても
痩せることができないばかりか



太ることを止められず、
ブクブクと太ってしまっているから

悩んでいるんですよね?





だとすれば、私のお伝えしている
生活習慣で太らなくなった方法に

取り組まれましたら、太らなくなる、
少なくとも、太りにくくなるのですから、

ブクブクと太ってしまっていた
状況から解放されますので、



あとは、痩せるための取り組みを
実践されましたら、

思うようにダイエットに成功して

痩せる可能性が高くなるのでは
ないでしょうか。





なぜならば、
どのようなダイエットを実践されても

夕食以降に嗜好食品を食べて
太っていた状況を改善しなければ

痩せられなかった悩みを、



生活習慣で太らなかった方法に
取り組まれることで

解消できるようになると
大いに期待できるからです。





◆痩せない





しかしですね、
夢を壊すようで申し訳ないのですが、

生活習慣で太らなくなった方法に
取り組まれることで

夕食以降に嗜好食品を食べ続けても
太らなくなる、太りにくくなることができ、



同時に何かのダイエットに取り組まれて
ダイエットに成功して痩せた

という方は、ごくわずかです・・・





残念ですが・・・





やはりですね、
手戻りのようになってしまいますが、

夕食以降という体を休ませるタイミングで
エネルギー摂取量が多大となりましたら、



その摂取されたエネルギーは

全て体内に蓄積されるという
状況となってしまうから、太ってしまう、

良くても太りにくい状況となってしまい、



その結果、どうしても痩せない、
痩せにくいということと

なってしまうのではないでしょうか。





そう考えましたら、やはり、
夕食以降に嗜好食品を食べないことが、

ダイエットを楽にできるといえるのは
間違いのないことと言えるでしょう。





それでも、
そんなことは分かっていましても

夕食以降に嗜好食品を食べたくて
仕方が無いのではないでしょうか。





痩せたいから
夕食以降はお菓子を我慢し続ける!



でも、いつまでも
我慢し続けることができない・・・



そして、挫折・・・





頑張って、
夕食以降は嗜好食品を食べない!



でも、周りの人が嗜好食品を食べ始めると、
我慢できなくなってしまい、

少量だったら大丈夫・・・



と、ついつい
嗜好食品をつまみ食いしてしまう・・・



で、結局、食べ過ぎてしまう・・・



しかも、そんなことの繰り返し・・・





痩せるためにお菓子を我慢したいけれども
食べてしまうという方は、

こんなことを
繰り返しているのではないでしょうか。





私のお伝えしている
生活習慣で太らなくなった方法では、

嗜好食品を食べ続けても

太らなくなっている方が
とても多くいらっしゃいますし、



夕食以降に嗜好食品を食べ続けても

太りにくくなっている
高い実績を誇っていますが、



痩せるためには、もっと別の
しっかりした取り組みが必要と言えます。





◆アプローチ方法と





そう考えましたら、それは

ダイエット方法に取り組むということで
間違いのないことですが、



ダイエット方法と考えましたら
多くの方は真っ先に

人気のあるダイエット方法を
思い浮かべるでしょうけれども、



人気のあるダイエット方法であれば
なんでも大丈夫というものではなく、

人間の体を科学的に知り尽くして

工学的にアプローチされた
ダイエット方法でなければ不可能と

今までの実績では、
私たちは体験しています。





そして、そんなダイエット方法に
取り組むことができましたら、

私のお伝えしています
生活習慣で太らなくなった方法というものは

不要といえるかもしれません。





なぜならば、
人間の体を科学的アプローチにより

人体のメカニズムを上手に利用した
ダイエット方法であれば、



体の自然の流れで

いつの間にか実践できている、
いつの間にか実践させられてしまうという、

誰もが絶対といえるくらいに
簡単に実践できるダイエットですから、



我慢や制限と感じるという
辛い感情から解放されてしまうでしょうから、



求められるダイエット方法を
全く無理と難じることなく実践できることで、

痩せることができるように
変わってくれるでしょうから。





お菓子やケーキなど
嗜好食品を食べたい方は、

まるで怨念のように
嗜好食品に強い執着がありますので、



人間の体を科学的アプローチにより

人体メカニズムを上手に利用した
ダイエット方法だけではなく、



私のお伝えしている

生活習慣で太らなくなった方法にも
一緒に取り組んでいただけましたら、



相乗効果のように、実践されるダイエットに
好影響を発揮してくれるでしょうということも

体験により実感していることも
付け加えさせていただきます。





もう一度お伝えいたしますと

夕食以降に嗜好食品を食べても
太りにくくなる方法は、

こちらでお伝えしている方法の一つですが、
↓↓↓

生活習慣で太らなくなった方法
(特典対象者様への限定情報)
http://dietnoinfo.seesaa.net/category/6587487-1.html





◆人気のダイエット





これは、正確には、

嗜好食品を食べ続けても太らなくなった
成功率90%の方法に取り組まれながら、

夕食以降に嗜好食品を食べ続けた方の80%以上が
太りにくくなった方法であるということです。





しかし、太りにくくなってはいますし、
人によっては痩せる方もいらっしゃいますが、

多くの方は、それだけでは
痩せることはできていませんので、

とりあえず、太らなければ問題ない
という方には最適な方法と言えますが、



太らなくなるだけでは不満であり、
今よりも痩せたいという方は、

嗜好食品を食べ続けても太らなくなった
成功率90%の方法を取り組まれながら

夕食以降に嗜好食品を食べるという方法では
痩せることは難しいといえるでしょうから、



ダイエットにも一緒に取り組んでいただく
必要がある、ということです。





ダイエットに取り組んでいただく
必要があるといたしましても、

巷に見受けるようなダイエット方法では
痩せることは無理であるというのが実情であり、



人気のあるダイエット方法だったら
痩せることができるというのも

無理な話であるということであり、



人間の体を科学的アプローチにより

人体のメカニズムを上手に利用した
ダイエット方法に取り組まなければ、

嗜好食品を食べ続けたいという
怨念のような強い意志をお持ちの方が

痩せることは不可能であり、



特に、夕食以降に
嗜好食品を食べ続けたい方が痩せるのは、

絶対にと言えるくらいに
不可能であるということです。





嗜好食品を食べない方のダイエットは、
嗜好食品を食べる方のダイエットよりも

とても簡単なものであり、
とても簡単に痩せられる、とも言えますね。





◆お菓子好きのダイエット





ということは、

嗜好食品を食べる方のダイエットは
とても難しいものであり、



特に、夕食以降に
嗜好食品を食べられる方のダイエットは

非常に難しいものであるということです。





嗜好食品を食べながらの
とても難しいダイエットに成功して

絶対に痩せたいのであれば、



人間の体を科学的アプローチにより

人体のメカニズムを上手に利用した
ダイエット方法でなければ

無理であるということです。





人間の体を科学的アプローチにより

人体のメカニズムを上手に利用した
ダイエット方法ということでしたら、

Love and Joyダイエットしか考えられません。



Love and Joyダイエット 評価レビュー
http://dietnoinfo.seesaa.net/article/120625009.html





人気があるというだけのダイエット方法では
残念ながらダイエットできないダメな理由は

既に何度かお伝えしていることですが、



人気のあるダイエット方法は、
ダイエット実績が良いから人気があるのではなく、

売り方が上手であって、
上手な売り方に魅力を感じて

気になってしかたのない方が多いから人気がある
というのが実情であり、



それらのダイエット方法は
エネルギー消費量を増大させる方法を

実践することが主目的の
ダイエット方法がほとんどであり、



ということは、
エネルギー摂取量が多大であれば、

それらのダイエット方法では
苦しむばかりで痩せることは難しく、



それらのダイエット方法で痩せるには
エネルギー摂取量を抑制する必要があり、

エネルギー摂取量を抑制することは

それらのダイエット方法は
特別に教えてくれることはなく

あくまでも自己努力とされているので、



つまりは、自分の意思を強く持ち続けて

食べたいものを我慢しなければならない、
制限しなければならないという

辛さや苦しさを継続して伴う
ダイエット方法であるからです。





◆じゃあ





じゃあ、私のお伝えしています
嗜好食品を食べながらでも太らない、

夕食以降に嗜好食品を食べながらでも
太りにくい方法を一緒に実践されると



人気のあるダイエット方法でも

痩せるのではないかと
考えるでしょうけれども、

それは、既に私たちが体験しています。





エネルギー消費量を増大させるだけの
多くの人気のあるダイエット方法では

残念ですが難しく、



Love and Joyダイエットのような

人間の体を科学的アプローチにより
人体のメカニズムを上手に利用した

ダイエット方法でなければ無理であった
ということを体験しています。





Love and Joyダイエットだったら、どうして、

嗜好食品を食べたい方でも
ダイエットに成功して

痩せることができるのかということは、



この場でお伝えすると
とても長くなってしまいますので、

私の評価レビューの記事を
参考にしてください。





Love and Joyダイエット 評価レビュー
http://dietnoinfo.seesaa.net/article/120625009.html





◆感情と体





私の評価レビューでは、正確には、
Love and Joyダイエットでダイエットすれば、

無制限に嗜好食品を食べ続けても
痩せるというものではありません。





私の評価レビューでは、
Love and Joyダイエットでダイエットすると、

嗜好食品を食べたいという感情を
上手にコントロールできるように変わるので、



嗜好食品を食べなくても平気になる、
嗜好食品を食べる量を楽に減らせるという

感情コントロールを苦痛なく楽にできる
素晴らしさがあるといえます。





もちろん、Love and Joyダイエットは、

ダイエット効果や効率の良い方法を
実践できるダイエットですから、



Love and Joyダイエットを実践することで、

嗜好食品を食べるという悪影響を
体から排除できる素晴らしい方法であることは

間違いのないことです。





嗜好食品を食べたくて仕方のない方は、

嗜好食品を止めたいけれども
止められなくて困っている方は、

嗜好食品を食べることが
ダイエットできない要因であると分かっている方は、



Love and Joyダイエットに取り組まれると、

感情をコントロールする面と
優れたダイエット方法を実践する面の両方から

素晴らしいダイエット効果を発揮できることを、
是非、体感してください。





Love and Joyダイエットは、

食べたいという感情を上手に
コントロールできるようになり、

エネルギー摂取量を
苦痛と感じることなく抑制できるようになり、



摂取したエネルギーが
体に吸収しにくいような

素早く排出されるような感覚の
ダイエット方法を始め



楽で簡単な、ちょっとした方法でありながら

素晴らしい効果を発揮する
ダイエット方法を取り組むことができる



Love and Joyダイエットに取り組むだけで

エネルギー摂取量と消費量の両方を
上手にコントロールできるようになる

そんな、今までにない
画期的なダイエット方法です。





Love and Joyダイエット 評価レビュー
http://dietnoinfo.seesaa.net/article/120625009.html





ダイエット情報が豊富なランキングサイト最大手
人気ブログランキングで情報を検索する
http://blog.with2.net/link.php?638680










今回は、ここまでといたします。





今回もお付き合いいただきまして

ありがとうございました。





『あなたのダイエットに役立ちたい』気持ちをこめて





応援のクリックをお願いいたします。
banner2.gif
応援のクリックが私の励みになります





 

お菓子の食べ過ぎを防ぐ【私たちの取り組みの秘密】

 


食後のお菓子を食べることを止められない・・・



何かいい方法を紹介してほしいとの
ご相談をいただきました。





止められませんよねぇ〜♪
 ↓

お菓子





おいしいお菓子が、
いっぱいありますよねぇ〜♪





ということで、

私が実践している方法や
私と情報交換くださる方からの情報で、

お菓子を食べることを止める、
お菓子を食べる量を少なくし続ける方法を

ご紹介いたします。





◆1日の食べる量だけを出して、残りは片づける。





食器棚の上の奥など、簡単に取り出すことが
面倒と感じるところへ片づける。



隣の部屋など、食べているところから
取りにく行くことが面倒な場所へ片づける。





食べる量だけ出して、残りは、
手元から遠ざけるという方法ですね。





あるいは、1日で食べる量しか買わないで、
無くなってしまうと、

わざわざ買いに出かけなければならない
という状況とするという方もいらっしゃいます。





この方法は、以外にも
多くの方が成功しています。





手元にあるから食べる、
すぐに手の届くところにあるから食べる

という方には
効果のある方法のようです。





私も、この方法で、

大好きなスナック菓子を食べる量を
調節できていました。





食後に、お酒を飲みながら、
テレビを見ながら、家族で団欒しながら、

テーブル上のお菓子を食べるのですけれども、



手元のお菓子が無くなれば、
テーブル横や冷蔵庫の中など

すぐ簡単に取り出せるところにあると、
ついつい食べ過ぎていたのですが、



食器棚の一番上という
背伸びしても届かないような、

踏み台になるようなものを用意しないと
取り出せないような所に片づけると、



もっと食べたいけれども、
取り出すのが面倒だし

という考えが優先してくれて、



体のために適正量だけを
食べ続けようとしているのだから、

面倒と感じる行為をしてまで
食べることは止めよう

という感情が優先してくれます。





すぐに取ることのできる手元にあるから
食べ過ぎてしまうという方は、

何かワンクッションの作業を与えることで

体のために適正量だけとする
という感情を優先させることができましたら、



我慢や制限と思うことなく、

適正量のお菓子で
満足し続けることができています。





◆続かなくなる・・・





しかし、これらの方法は、
いつまでも継続できません。





これらの方法に取り組まれた
102名の方の全員が、いつの間にか、

手元から遠ざけるという行為を
止めてしまっています。





人によっては
2週間くらいで挫折されていますし、

長い方で、
3ヶ月くらいで挫折されています。





ちなみに、私は1ヶ月でした・・・





その理由は、食器棚や手の届きにくいところに
置いて取り出すという行為自体を

面倒と感じるようになるということです。





お菓子の食べ過ぎを改善しようという
気持ちの強いときは、

お菓子の食べ過ぎを改善する効果のあること、
そして、実際に効果のあった方法を



実践し続けようという感情が強いので、

その取り組みを実践する行為を
優先して実践し続けることができますが、



続けることで慣れてきたり、

お菓子を一定量しか食べることができないという
我慢や制限という感情が強くなってしまうと、



我慢や制限を止めようという
感情が優先してしまうこと、

感情の優先順位が変わってしまうことが要因で

その結果、面倒という感情が
優先するように変わってしまうようです。





お伝えしている通り、これの方法は

私と情報交換くださる方たちで
取り組まれた方の全員が

途中で挫折してしまったといいますか
飽きてしまう結果となった方法ですが、



お伝えした方法を実践したことで、

お菓子を食べ過ぎなければ太らなくなった、
お菓子を食べ過ぎなければ痩せたと、



お菓子を食べる量を適正量とすることで

ダイエットできるという効果を
全員が実感されていますので、



お菓子を食べ過ぎていることが、

痩せない、
太ってしまう要因と感じている方は、



お菓子を適正量とすることで、

太らない、痩せるということを
実感していただくためにも、

是非、取り組んでいただきたい方法です。





その実感が、次のダイエットを
確実とすることに結び付きますので。





例え長続きしなくても、
途中で嫌になるとしましても、

実践しているときは
苦痛や我慢を感じることはありませんし、



痩せるということを実感できることで、
次のいいヒントを得ることができますので。





これは、私たちの実感です。





◆次への実感





例え長続きできなくても、
痩せるということを実感できると、

何をどうすればいいのか分からないという
原因不明のような真っ暗な状況から、



「お菓子を食べる量を」
「どうにかすれば」

「痩せるということが」
「良く分かった」

と対策すべきことが分かり、



対策すべきことが分かると、それだけで、
沈んだ気持ちがとても楽になってくれ、

これで、自分も確実なダイエットを
手に入れることができる、と

ダイエットへのモチベーションが
もの凄く上がりますので。





これ、本当です。





何も分からない、
分かっているようで分かっていない、

分かっているようであっても
体験していないから不安、



このような状況を

一度でも一瞬でも体験すると
ガラリと変わってくれ、

心がとても楽になってくれますので。





目標や目的ができると、

人間って、
とても変わることができるものです。





そして、目標や目的ができると、
人間って、


自分で積極的に様々に工夫されて対処されようと
行動できるようになりますし、

いろんな情報を手に入れようと
行動できるようになります。





行動できるようになると、本当、

いろんな方法をつくり出すことができるように
簡単に変われるものです。





◆行動できるようになると





手の届かないところに片づけるのが
面倒なのだから、

手元に置いても
すぐには食べることのできないようにしよう、



ということで、

食べる量だけをお皿の上に出して、

残りは口を固く縛って
簡単には開けないようにする、





残りの箱の上に

「それ以上食べるからブタになる」
と張り紙を置いておく、





お菓子を食べるときに野菜など
食物繊維の豊富な食べ物を一緒に食べて、

お菓子を食べる量が少なくても
満足できるようにしたり、

食物繊維でお菓子の悪影響が
体内に残りにくいようにする、





お菓子を食べるのは

甘いものを食べたいのであり、
甘いものを食べると満足できるので、

食べ始めと食べ終わりだけ
お菓子を食べて



食べ始めてから食べ終わるまでは

お菓子の代わりに、
別の甘みのある果物を食べて、



最後の最後にだけ
お菓子を食べることで、

最初から最後まで
お菓子を十分に食べることができたと

脳を騙す





決められた量を食べたら、
トイレなどに行くために立ち上がる、

立ち上がるまでは、食べた量が足りなくて
食べ足りないと不満だったのに、

立ち上がると、不思議と
お腹が満たされている感覚を実感でき、



お腹一杯になっているのだから
ご馳走さましようと思える





一日の全てを終えてからリラックスする時に
お菓子を食べていたけれども、

お菓子を食べてからエクササイズして、

エクササイズしてから
リラックスするようにすると、

お菓子を食べよう
という気持ちにならなくなった





一つの方法を続けると飽きるのだから、

その日の気分によって
様々なテクニックを使い分ける、

飽きてきたら、別の方法に切り替える、





◆こんなところで





まだまだありますけれども、
こんなところで。





いずれの方法も、私と情報交換くださる
お菓子やスイーツ大好きな方が、

ダイエットのために

お菓子やスイーツなど嗜好食品対策に
取り組まれて、効果のあった方法です。





しかし、いずれの方法も、
実践し続けていますと、やがては、

飽きたりなどで
継続できなくなっている方法です。





でも、様々な方法を使い分けたりして、

継続してお菓子対策に
成功し続けている方法でもあります。





これらの取り組みの考え方は、

我慢しよう、制限しようと直接には思わないで、
何かの行動を実践することで

二次的に間接的に
制限できることにつながる方法であること、



何かを考えることで、
二次的に間接的に制限できる方法であること、



何かの感情を発生させることで、
二次的に間接的制限につながる方法であること、



このように、
直接の感情が強い負担となることから

実践しようと思えない、
継続しようと思えない要因となっているから、



行動しやすいこと、考えやすいことを
行動したり考えたりすることで、



その結果として、
嗜好食品を食べることを制限できるという

間接的な結果による効果を
期待するというものです。





ワンクッションを与えるということですね。





◆ちょっと過激・・・





かなり過激な方法ですが、
旦那さまをダイエットさせたい奥様で、

旦那さまが太っている原因はお菓子にある、
そのお菓子を食べる量を制限させる方法として、



約束の量を1回でも食べ過ぎたら、
それから1ヶ月は私の体に指一本触れさせない!

という行動に出られたそうです。





それからのご主人さまは、眼の色を変えて
食べ過ぎないように頑張っているとのことです。





そして、見事に
1年以上も成功し続けているとのことです。





エッチ大好きな旦那さまには
最適な方法のようです・・・





奥さまは欲求不満にならないのでしょうか・・・



旦那様が浮気したらどうするのでしょうか・・・





かなり刺激的な方法ですが、

成功し続ければ、もっと良いものを与える、
成功し続けなければ、大事なものを与えられない、



アメとムチですね・・・






ご家族や周りの方の協力が得られるようであれば、

アメとムチの方法は、
とても有効であるでしょう。





有名なプロ野球選手の奥さまが、

自分の体の魅力を上手に利用して
旦那さまをコントロールし、

旦那様はシーズンを通して見事に大活躍された
という話を聞いたことがありますので、



様々なことに応用できる方法でもありますね。





女は恐い・・・





◆感情コントロール





参考になりましたでしょうか?





私たちは、このような
バカバカしいと言えるような

面白おかしい方法を考え出しながら、
お菓子対策を実践しています。





ワンクッション与える、
アメとムチを与える、

いずれも、感情を上手に
コントロールすることを目的とした方法です。





私たちの最近のダイエットは、

ダイエット方法という
ダイエットテクニックよりも

感情を上手に使うことに重きを置いており、



その方が、確実に
ダイエットできるように変わっていますし、



今までは、取り組むダイエット方法によって

成功する方と成功しない方という
バラつきがあったのが、



感情を利用するダイエット方法を
メインに切り替えてからは、

バラつきというものは無くなっています。





ダイエット方法というダイエットテクニックを
実践しないということではありません。





痩せるためにダイエットテクニックを
駆使するという方法から、

感情を上手に利用するために
ダイエットテクニックを使用しています。





私たちが最近気付いたことですが、
感情を上手に利用して太ることを防止できれば、

ダイエットテクニックによって
効率よく効果的に痩せるようになります。





どんなに素晴らしいダイエットテクニック、
ダイエット方法を一生懸命に実践されて

エネルギー消費量を増大させましても、

エネルギー消費量を適正量にできなければ
無意味なものとなってしまいます。





じゃあ、ダイエットテクニック、
ダイエット方法によって

エネルギー摂取量を適正量と
できればいいのですが、



そのようなテクニック、方法は、
残念ですが、見かけることはありません。





太ってしまう要因となる大好きな食べ物を

我慢と感じない、制限と感じない方法
という意味において、ですが。





エネルギー摂取量を適正量とするためには
自己努力しかないのが実情ですから、

何とか頑張って、
管理栄養士さんが勧めるような

バランスの摂れた食事を
心がけるしかありません。





そんな食事では満足できないから、
太ってしまい、痩せないのですけれども・・・





そんな食事では満足できないけれども、

大好きな食べたいものは
ダイエットの敵であるから、

絶対に食べないようにする、



このような考えは、最も危険です。





自分の感情を抑えつけて我慢し続けて
とことんまで追い詰めてしまいますと、

感情が悪い方向へ爆発してしまい、

精神的な病気となってしまう
可能性があるのではないでしょうか。





必ず、感情の逃げ道はつくっておくべきです。





自分を追い詰め過ぎないために、
感情の逃げ道をつくるために

ワンクッションを与える、
アメとムチを与える、

このような二次的な間接的な方法、



達成し続けることで
快楽を得ることのできる方法、



このような、
感情を追い詰めることのない、

上手にコントロールする方法を
つくり出して、活用してください。





感情を制する者はダイエットをも制します。





◆継続という悩み





私たちは、一生懸命に

様々な感情を制する方法を
つくり出していますけれども、



それらの方法の効果は、まだまだ
人によって千差万別ですし、

しかも、いつまでも継続して
実践できる方法でないのが悩みです。





正確には、悩みでした。





Love and Joyダイエットには

感情をコントロールすることにつながる
「メンタルボイス」という素晴らしい方法が

特典として用意されていますので、



手っ取り早く確実に感情を制して
ダイエットを制したいのであれば、

そして、いつまでも
楽に継続したいのであれば、

Love and Joyダイエットを手に入れてください。





Love and Joyダイエットの評価レビュー
http://dietnoinfo.seesaa.net/article/120625009.html





今回、このように、ダイエットと感情について、
感情を上手にコントロールすることについて、

理路整然とお伝えしていますが、



Love and Joyダイエットに出会うまで、

感情をダイエットに利用する、
このようなことを考え付きもしませんでした。





というより、実際は、

偶然のような状態で、
ある程度は実践できていたんですけれども、



それらの方法が、

感情を上手に利用することであったとは
考え付きもしなかったんですね。





感情を上手にコントロールすると
ダイエットは、とても楽になる、

感情を上手に利用することで
ダイエットは、とても簡単に確実にできる、



私たちが、このようなことに
気づくことができたのは、

Love and Joyダイエットに出会ったからです。





このような方法を思いつくことができて
皆様に様々な方法をご紹介できているのは、

Love and Joyダイエットによるものです。





◆初めは無料から





しかし、感情をコントロールして
ダイエットに有効活用するということは、

わざわざお金を出さなくても
可能とできるはずです。





ですから、これから取り組みたい
とお考えの方は、

できれば、無料の方法で
何とかつくり出してください。





そして、実践してください。





自分の感情を最もよく知っているのは
自分自身です。





自分の感情を冷静に見つめられて、

自分の性格や感情を利用した方法
というものをつくり出しましょう。





つくり出すことのできた方法が、
いつまでも長続きできない方法であっても、

私たちのように、いくつもつくり出されて、
ローテーションのように使い分け続ければ、



結構な期間にわたって感情を上手に利用して
ダイエットし続けることができますので。





しかし、そのような方法を
一生懸命につくり続けた私たちからすれば、

ちょっと疲れたかな・・・



もっと楽で簡単で確実な
感情をコントロールする方法に切り替えたいな・・・



ということは、人間のメカニズムなど

人間というものを科学的にしっかりと
捉えた方法でなければならないよね・・・





このような実感があることも
正直なところですので、



手っ取り早く感情をコントロールして
ダイエットを確実なものとされたいのでしたら、

私たちの考えのように
Love and Joyダイエットをお勧めいたします。





感情を制する者はダイエットをも制する


これ、本当に実感しています。





Love and Joyダイエットの評価レビュー
http://dietnoinfo.seesaa.net/article/120625009.html





ダイエット情報が豊富なランキングサイト最大手
人気ブログランキングで情報を検索する
http://blog.with2.net/link.php?638680










今回は、ここまでといたします。





今回もお付き合いいただきまして

ありがとうございました。





『あなたのダイエットに役立ちたい』気持ちをこめて





応援のクリックをお願いいたします。
banner2.gif
応援のクリックが私の励みになります





 

間食への対策【効果のあった50人の成功方法】

 


ダイエット、部分痩せ、筋トレについて

頻繁に情報交換くださる方たちと、



久しぶりに長時間にわたって

情報を交換し合いましたが、



その中で、今回の大きなテーマとなった、



特別にお腹は空いていないのに

口が寂しくって、ついつい間食してしまう

ということについて、



情報を交換くださった方たちが成功されている

間食しなくなった方法をお伝えいたします。





その前に、

そんなにお腹は空いていないのに、



どうして間食してしまうのかということで、

激論?が交わされたのですが、



忙しくってストレスを感じてしまい、

大好きなお菓子を食べると

気が紛れるので間食してしまう・・・



職場の人事異動で

仕事内容が変わったことで生活環境も変わり、



そのことが大変なストレスとなってしまい、

間食が増えてしまった・・・



毎日が暇すぎて、

ついつい間食してしまう・・・



ダイエットしようと運動を始めたら、

お腹が空くようになって、



食事の時間まで我慢できなくって

ついつい間食してしまう・・・



痩せたいから

間食しないように我慢しているけど、

家族がお菓子を食べ始めると



羨ましくなって我慢できなくって、

ほんの少しだけと思いながら間食すると、



いつの間に勝食べ過ぎてしまい、

そんなことを毎日のように繰り返してしまう・・・





こんな感じの間食してしまう理由が

多かったように見受けました。





結局は、みなさん、お菓子大好き、

スイーツ大好きな方だったりするんですね。





だから太ってしまう・・・





でも、止められない・・・





そんなお菓子大好き、スイーツ大好きな

方たちとの情報交換だったんですが、



どの方も、今では上手に

間食を防ぐ方法を実践されていました。





情報交換くださった方たちが、

間食したくなって、



それでも上手に

間食を防ぐことができている方法、

上手にコントロールされている方法の中で、



みんなが、良い方法だねって称賛した方法を、

いくつかお教えしちゃいます。





◆間食したくなったら、キシリトールなど無糖のガムを噛む方法



間食したくなったら、ガムを噛むことで

間食したいという気持ちを緩和でき、

間食しなくて済んでいる方が多かったですし、



長期間にわたって成功されている方が

多くいらっしゃいました。





間食したいということは、何かを

体内に補給したいというサインであったり、



本当は何も体内に補給する必要はない

という状態であっても、



ストレスなどで、

そのサインが間違って出されてしまい、



既に、体としては

何かを体内に補給するべきである



との状態になってしまった、

と考えられますので、



であれば、何かを体内に補給させるまでは

体は絶対に満足してくれない、



満足できるまで、その要求は継続され、

満足することに時間を要すると、

その要求はどんどん強くなってしまう、



このように考えられますし、

それが、私たちの体験であることから、



何かを体内に補給する際に

絶対に必要な行為である



噛む、あごを動かす、口を動かす

という行動だけを実践する



ということを目的として、

ガムを噛むということを実践されたところ、



とても驚くほどに間食しなくても済んでいる、

そして、何か月も何年も、長期間にわたって

ガムを噛むという行為で間食しなくて済んでいる、



間食したいなと思ってからでも

ガムを噛み始めると、長期間にわたって



間食しなくて済んでいる

という方が、結構いらっしゃいました。





この方法は、私からもお薦めです。





私も、間食したくて堪らない時に、

ガムを噛むことで気を紛らわせよう

と考えて実践したことがありますが、



お腹が空いていないのに、なぜなのか

間食したくって仕方がないという時には、

とても効果がありました。





従いまして、私からは、

お腹は空いてないはずなんだけれども、



なぜなのか間食したくって仕方がないという時に、

ガムを噛むということをお勧めいたします。





◆炭酸の強く効いた飲み物を飲んで誤魔化す方法



ゼロカロリーなどの

炭酸がとても効いた飲み物を飲むことで、

お腹がいっぱいになった感覚になり、



間食しなくても満足感を得ることが

できるのではないかと考えられて、



具体的には、ゼロカロリーのコカコーラ、

ペプシコーラなどを挙げられていましたが、



三ツ矢サイダーのゼロカロリーを

お勧めされている方もいらっしゃいました。





私として、この方法は疑問なのですが、

意外や意外、炭酸の効いた飲み物で



間食したいという気持ちを紛らわせることが

できている方が、結構いらっしゃいましたので、

正直、ビックリしました。





私から、この方法をお勧めするとしましたら、

ウィスキーなどのお酒を割って飲む際の

炭酸をお勧めします。





アルコールを割るための炭酸って、

結構、炭酸が効いていますので。





私の経験している限りでは、

最も炭酸の効いている飲み物って、

オロナミンCだと思うのですが、



お酒を割るための炭酸って、

オロナミンCに匹敵するくらいの

炭酸を感じるのではないでしょうか。





飲んだ際のゲップの量が半端ではないですから・・・





何気にビールも炭酸が効いていますが、

明るい時からアルコールを飲むわけにもいきませんし・・・





◆アメを舐め続ける方法



アメは、とても甘いので、

少しアメを舐めただけで満足できる

という方が多くいらっしゃいました。





アメを舐めると、結構な時間を必要としますし、

ゆっくり舐めて長時間を要して舐め終わることで、

1個程度の少ないアメの数で満足でき、



間食したいという気持ちも落ち着き、

脳とお腹も結構、満足できているようです。





この方法も

私は良い方法だと思います。





特に、疲れているときに

甘いものを欲した際、



デスクワークなど頭脳労働の際に

集中力が落ちてしまい

何か栄養補給したいという、



実は、甘いものを口にしたい

というサインが出たときなんかに良い方法だと

個人的には、感じています。





いくつかお伝えいたしました方法は、

間食したくなった時に、



多くの方が長期間にわたって

間食を防ぐことに成功できている方法ですが、



次は、失敗した方法として

多かったものをお伝えします。





★間食を我慢する方法



我慢することを頑張った方って、

結構多くいらっしゃいました。





そして、やっぱり、我慢は続かないと、

無駄な努力に終わった方が、全員でした。





やっぱり、我慢は無理なんですね・・・





おまけに、我慢すると、かえって

食べたいという気持ちが強くなってしまい、



我慢しきれずに間食した時には、

もの凄いことになってしまった

ということを全員が経験していました。





我慢はダメ、我慢は続かない

ということで、間違いなさそうです。





★歯を磨く方法



間食を防ぐ方法として、歯を磨くということは、

結構有名な方法であると、

皆さんから教えていただいたのですが、



恥ずかしながら、私は全く知りませんでした・・・





しかし、有名だとされる歯を磨く方法ですが、

効果を実感されている方は、

残念ながら一人もいらっしゃらず、



全く効果がなかったと、実体験で

効果を疑問視される方が多くいらっしゃいました。





★野菜やカロリーのない食品を食べる方法



間食に野菜を食べたり、こんにゃくやキノコ類を

食べても間食に満足できなくて、

結局は、お菓子やスイーツを食べてしまう、



その際は、既に野菜などで

お腹がいっぱいになっているから、



お菓子やスイーツを食べるときには

お腹いっぱいで苦しいと苦しみながらも、

それでも食べてしまう、



こんなことならば、野菜などを食べないで

初めからお菓子やスイーツを

食べていればよかったと、すごく後悔した、



という方が多くいらっしゃいました。





間食したいという時は、甘さを感じるもの、

ある程度のカロリーのあるものでないと

満足感を得られないということでしょうか。





以前に同様の相談を受けた方に、

野菜などを間食として食べる際に、



一緒に甘みを感じるものを少しだけ食べられると

満足します、とお教えしたことがありますが、



その方は、それまで間食を止められなくって

その結果、太ってしまっていたのに、

私のお伝えした、少しの甘みを得る方法で



間食に満足することができるように

変わることができたとのことですし、



別の方は、少しの高カロリーな食べ物で

とても満足できるようになったとのことでしたので、



間食したいと感じたときには、

野菜など低カロリーなものだけでは、



ノンカロリーなものだけでは、

脳や体は、満足してくれないとの表れでしょうか。





ダイエットに苦しみながらも、

みんなで情報交換しあうことで

ダイエットに成功して痩せることができ、



今では、苦もなく体重と体形をキープしている

50人くらいの方たちと一斉に、

こんな感じの情報交換を行ったんですけど、



みなさんが実感していらっしゃるのは、そして、

間食を止める、防ぐことができているのは、



間食したいと思った時には、間食を我慢しないで、

むしろ積極的に何か間食する方が、

間食を上手に利用することができる、



間食をしたくなったときには、

それは、おそらくは



甘みを感じたい、高カロリーな食べ物を感じたい

という体のサインであるから、



甘みを感じるもの、高カロリーナものを

積極的に体に与える方法を上手に見つける、



このように、間食したいという気持ちを

抑えつけないで上手に付き合う、

そして上手に利用すると、



間食によるダイエットへの悪影響を

無くすることができています。





間食したければ間食すること、

間食には満足できるものを少量だけ、



ガッツリ食べる間食を望むのであれば、

体が欲している満足できるものを少量だけ、

そして、野菜などをガッツリ、



これが私たちの結論でした。





皆様の間食対策の

参考にしてくださいましたら、幸いです。





ダイエット情報が豊富なランキングサイト最大手
人気ブログランキングで情報を検索する
http://blog.with2.net/link.php?638680










今回は、ここまでといたします。





今回もお付き合いいただきまして

ありがとうございました。





『あなたのダイエットに役立ちたい』気持ちをこめて





応援のクリックをお願いいたします。
banner2.gif
応援のクリックが私の励みになります





 

ケーキやお菓子を食べて<ダイエットに成功>段階、手順

 


ダイエットについて

私にご相談お問い合わせくださる内容として

最近多くなっているのが、



ケーキやお菓子を食べながらでも

ダイエットに成功して痩せる方法を

教えてほしいという内容です。





ケーキやお菓子を食べながらでも

ダイエットに成功して痩せることは可能です。





ケーキやお菓子を食べながらでも

ダイエットに成功して痩せることは

可能ですというよりも、簡単です。





ケーキやお菓子を食べながらでも

ダイエットに成功して痩せることは

私自身が成功することで証明していますし、



私のサポートを受けてくださっている

多くの方も証明されています。





ここでいうケーキやお菓子というのは、

ケーキ、スナック菓子、チョコレートなどを

全て含んだものを指していますが、



ほとんどの方が痩せないで太っている状況を

拝見して感じているのが、



ケーキやお菓子などが

ダイエットに成功しないで痩せない

直接の原因や理由となっているのではなく、



ケーキやお菓子は

ダイエットに成功しないで痩せない

引き金になっているだけであるということです。





ケーキを食べ過ぎたから、明日からしばらくは

ケーキを我慢しなければ太ってしまう



ケーキをたくさん食べたら太ってしまうけど、

少しくらいなら大丈夫だろう





ケーキなど、本来でしたら

ダイエットに悪影響となるものを食べる際に、



ほとんどの方が

食べたら次の日からダイエットをさらに頑張る、

少ししか食べなければダイエットへの悪影響はない、



このような考えを持っていらっしゃいます。





しかし、本当にその通りでしょうか?





ハッキリいいますが、

ケーキなどの甘い食べ物は、体に害となるだけであって

体にメリットをもたらしてくれることはありません。





しかし、

ケーキなど甘い食べ物を上手に利用されましたら



ダイエットには強い味方となってくれますし

ダイエットの効果を良くすることが可能となります。





体とダイエットの密接なつながりを上手に利用して、

ケーキなど甘い食べ物は体には害であるけれども



上手に利用することで

ダイエットに有効とする方法はあります。





大好きなケーキなど甘い食べ物を食べ続けながら

ダイエットに成功して痩せたいと願っている方に

お尋ねいたしますが、



ケーキを食べたら、

本当に太っているのか確認されていますか?



ケーキを少しだけ食べたら、

本当に太らないで済んでいるのか確認されていますか?



ケーキ以外の甘い食べ物についてはいかがですか?



チョコレートを食べて太りますか?



チョコレートをどれくらい食べたら太りますか?



スナック菓子をどの程度食べられて

どの程度太るのかご存知ですか?



本当に、ケーキなど甘い食べ物やスナック菓子を

食べて太っていることを実感されていますか?





ケーキなど甘い食べ物やスナック菓子を食べて

太ることをご存知ですか

というお尋ねの仕方でも良いのですが、



ケーキなど甘い食べ物やスナック菓子を食べて

本当に太っているとしっかりした根拠をお持ちですか



という尋ねられ方をされた方は

いらっしゃいませんでしょうから、



今回は、このような

お尋ねの仕方をさせていただきました。





繰り返しますが、

ケーキなど甘い食べ物やスナック菓子を食べながら

ダイエットに成功して痩せる方法はあります。





私は、その方法を

バタフライフプログラムで



ダイエットのしっかりした知識を得ることで

気づくことができました。





バタフライフプログラムのダイエットをされながら

私の側面的なサポートを受けられた多くの方と一緒に

作り出すことができました。





バタフライフプログラム



バタフライフプログラム 評価レビュー





バタフライフプログラムで

ダイエットのしっかりとした正しい知識を得ることで



甘い食べ物やスナック菓子を食べながら

ダイエットに成功して痩せる方法を

私が見つけることができたのは、



自分の体とダイエットの関係を

しっかりと認識することができるように

なったからです。





甘い食べ物やスナック菓子を禁止できましたら、

ダイエットに成功して痩せることは簡単にできるでしょうし、



ダイエット効果をさらに良くして

ダイエット効果の効率を良くすることも簡単です。





しかし、

甘い食べ物やスナック菓子を食べ続けながら

ダイエットに成功して痩せることは、簡単に可能です。





甘い食べ物やスナック菓子を食べ続けながら

ダイエットに成功して痩せるためには、



まずは、自分の太っている原因や理由を

具体的に全てを知ることが必要です。





甘い食べ物やスナック菓子を食べているから

太っているのではないかもしれません。





甘い食べ物やスナック菓子を食べているから

太っている原因や理由の一つであるのかもしれません。





甘い食べ物やスナック菓子を食べているから、

それだけが原因や理由として太っているのかもしれません。





太ってしまう原因や理由は、人によって様々です。





太ってしまう原因や理由は

人によっては一つだけかもしれませんが、



人によっては二つも三つも

太ってしまう理由や原因がありかもしれません。





そして、自分では気づくことのできていない

太ってしまっている原因や理由というものもあります。





なぜならば、食べ過ぎているだけが

太ってしまう原因や理由ではありませんから。





体の何かしらの歪などが

原因や理由かもしれませんから。





自分が太ってしまう原因や理由の

全てを正しく知ることが

ダイエットに成功して痩せるためには重要です。





その上で、甘い食べ物やスナック菓子が

太ってしまう原因や理由とハッキリ分かったのでしたら、



その次の段階に必要な方法を

作り出すことを考えるだけです。





次に必要な方法ということが、

私が甘い食べ物やスナック菓子を食べながらでも

ダイエットに成功して痩せている方法ですし、



私を頼ってくださる多くの方々が

甘い食べ物やスナック菓子を食べ続けながらでも

ダイエットに成功して痩せることができている方法です。





甘い食べ物やスナック菓子を食べながら

ダイエットに成功して痩せるためには、

段階を踏んでください。





初めに必要なのは、

体とダイエットの正しい知識を身につけること、

正しいダイエットの実践方法を手に入れることです。





私は、

バタフライフプログラムで



体とダイエットの正しい知識と正しいダイエットの実践方法を

手に入れることができました。





バタフライフプログラム



バタフライフプログラム 評価レビュー





世の中には、

結構たくさんの



正しいダイエット知識と

正しいダイエット方法を与えてくださる

ダイエット商品が発売されています。





正しいダイエット方法を教えてくださる

ダイエット商品でしたら

どのダイエット商品でも結構ですから、



ご自分に向いているダイエット商品に出会われ、

体とダイエットの正しい知識を身につけられ、

正しいダイエット方法を実践してください。





少なくともいえるのは、

食べてはダメ、食べる量を少なくすることなどと



短期間しか継続できないような

いい加減でダメなダイエット方法を教えるような商品は

選ばないように注意してください。





体とダイエットに関する知識や技術を

豊富に知ることができて実践できるダイエット商品の

ダイエット方法に出会うことができましたら、



甘い食べ物やスナック菓子を食べ続けながらでも

ダイエットに成功して痩せることなんて楽勝です。





私にもできているんですから。





私を頼ってくださる多くの方も

甘い食べ物やスナック菓子を食べ続けながら

ダイエットに成功して痩せていらっしゃるんですから。





誰もが

甘い食べ物やスナック菓子を食べ続けながら

痩せることなんて、簡単にできるはずです。





体とダイエットについて知らないことが多すぎるから、

甘い食べ物やスナック菓子を食べながら



ダイエットに成功して痩せることなんて

できる訳がない、



そんなことは無理と

諦めてしまうことになってしまいます。





体とダイエットについて正しい知識を豊富にされて

正しくダイエットを実践できるようになりましたら、



甘い食べ物やスナック菓子を食べ続けながら

ダイエットに成功して痩せる方法に

踏み出すことができますし近づくことができます。





大切なのは、段階を踏むことです。





体とダイエットについて正しい知識を豊富にされて

正しいダイエットを実践されないうちから



ケーキやお菓子を食べても

ダイエットに成功して痩せる方法を知りたいと

考えられましても、絶対に無理です。





しかし、

段階を踏んでから手に入れられた



ケーキやお菓子を食べながら

ダイエットに成功して痩せる方法は、

確実な効果をもたらしてくれますし、



ダイエットに邪魔となる

その他の様々なことを排除するのではなく



上手に利用して

ダイエットに成功して痩せる方法に結びつきますので、



大好きなものを食べ続けながら我慢する必要のない

ダイエットに成功して痩せ続ける方法に

出合うことができるようになりますし、



究極ともいえる

ダイエットしているつもりではないのに



ダイエットに成功して痩せる方法を

作り出すことができるようにもなります。





ケーキやスナック菓子が原因や理由となって

太っていて痩せることができないでいる、



ケーキやスナック菓子を我慢することができないから

ダイエットに成功して痩せることを諦めてしまっている方は、



本当に、ケーキやスナック菓子が

原因や理由で痩せることができないのか、



一度、

しっかりと確認されてはいかがでしょうか。





また、私のお伝えした記事で

もう一度ダイエットにチャレンジしてみようと

お考えになることができるようでしたら、



この機会に、

体とダイエットの関係を

しっかりと身につけられましたら、いかがでしょうか。





なぜ太るのか?



なぜ太らないのか?



どのようにすれば痩せるのか?





このようなことを

正確にしっかりと理解されましたら

ダイエットに成功して痩せることは簡単ですし、



ケーキやスナック菓子を食べながらでも

ダイエットに成功して痩せることが

簡単なくらいに可能となります。





そして、そのために、

私でよろしければ

一生懸命に力にならせていただきます。










今回は、ここまでといたします。





今回もお付き合いいただきまして


ありがとうございました。


『あなたのダイエットに役立ちたい』気持ちをこめて





応援のクリックをお願いいたします。
banner2.gif
皆さまの応援1クリックが私の励みになります






▼ダイエット方法の中で唯一の超イチオシ

バタフライフプログラム 評価レビュー
http://dietnoinfo.seesaa.net/article/89655580.html



▼楽に簡単に確実に筋トレに成功

HSMT法 レビュー
http://dietnoinfo.seesaa.net/article/108010231.html



▼下半身痩せ脚痩せと同時に美脚に成功

脚痩せるんるん♪1日7秒 美脚の創り方 レビュー
http://dietnoinfo.seesaa.net/article/104172018.html



▼簡単に確実にウエストサイズダウン

【部分痩せダイエット】腹ペタ!セブン!腹痩せダイエットレビュー
http://dietnoinfo.seesaa.net/article/97440346.html



▼簡単に確実にバストアップ

最低2カップアップする裏技バストアップ術 レビュー
http://dietnoinfo.seesaa.net/article/106203712.html



▼≪部数限定の無料レポート≫下半身痩せ、脚痩せの方法情報満載

脚痩せ【部数限定】無料レポート
http://123direct.info/tracking/af/100487/dq0Y7jeZ/



▼≪部数限定の無料≫正しいダイエット知識満載

ダイエットアドバイザー村本エリカさんの著書
http://123direct.info/tracking/af/100487/XbGEUfvP/





応援のクリックをお願いいたします。
banner2.gif
応援をお願いいたします。





 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。